文字サイズ

お知らせ

「文錦™レポーティング for KH Coder」をリリース ~初心者でも的確な分析結果の考察が可能に~

2018年6月28日

Doc. No.: AS180628

 株式会社SCREENアドバンストシステムソリューションズはこのほど、計量テキスト分析※ツールKH Coderのプラグイン「文錦(もんきん)™シリーズ」の第二弾として「文錦™ レポーティング for KH Coder」を開発。6月から販売を開始します。

 当社は、立命館大学 樋口耕一先生監修のもと、テキスト分析コンサルテーション事業で培ってきた経験やノウハウを生かし、KH Coderの追加機能として「文錦™シリーズ」を開発しています。今回第二弾として発売する「文錦™ レポーティング for KH Coder」は、分析結果の図表に解釈を補助する情報を付加することで、テキスト分析の初心者でも的確に分析結果を考察できるようになりました。また、視覚的に識別しやすい結果を表示するレポーティング機能により、ビジネスシーンだけでなく、教育・研究機関でも活用しやすいレポートが素早く作成できます。

 今後も、さまざまな機能を持ったプラグインを順次販売し、「文錦™シリーズ」のラインアップをさらに充実させ、KH Coderによるテキスト分析の実践に貢献していきます。

※ 計量テキスト分析とは、アンケートの自由記述文や作業日報のような定型化されていないテキストに対してさまざまな統計分析を行い、個人の経験や勘に左右されない情報を抽出する手法のこと。KH Coderは、計量テキスト分析ツールのデファクトスタンダードとして多くの利用実績がある。

● 本件についてのお問い合わせ先

株式会社 SCREENアドバンストシステムソリューションズ 事業推進課 Tel: 075-414-7702 / queryAS@screen.co.jp

この記事のAS180628.pdf

掲載されている情報は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。