CSRの取り組み

ホーム > CSRの取り組み > 環境報告:製品の環境負荷削減

印刷

製品の環境負荷削減

 

環境保全

 当社グループでは、製品のライフサイクル(資源調達、装置製造、装置輸送、お客さま先での使用)を通じてのCO2排出量の削減と省エネルギー・資源に取り組んでいます。

 

 

  

 

 

お客さま先での環境負荷削減

 当社グループでは、「環境負荷の低減に貢献する技術・製品の開発展開」を追求し、お客さまの環境対策に積極的に貢献するという考えのもと、製品開発に取り組んでいます。

 

 

 

2016年3月期に開発した印刷関連機器サーマルプレートレコーダー「PlateRite 4600Z」は、従来機種と比較して40%の消費電力削減を達成

 

 

 

製品使用時のCO2排出量削減

 当社グループでは、製品使用時のエネルギー、水、薬液などの使用量削減を図ることにより、社会的要請の高いバリューチェーンを通じてのCO2排出量削減と省資源に取り組んでいます。

 例えば当社の半導体洗浄装置に関しては、ライフサイクルCO2排出量の95%がお客さま使用時に発生するため、水消費量の低減、ウエハー処理時間の短縮を狙った装置開発を推進し、トータルでのCO2排出削減を進めています。

 

当社グループの製品のライフサイクルCO2排出量

 

 

 

グリーンプリンティング認定※の取得

 当社グループの印刷関連機器事業では、「資材調達」「製造」「使用」を通して環境負荷削減とリサイクル推進に取り組み、2016年3月末時点で11製品群においてグリーンプリンティング認定の最高ランク(3つ星)を取得しています。

 

※ グリーンプリンティング認定:日本印刷産業連合会の環境自主基準「印刷サービスグリーン基準」に基づく認定制度

 

 

 

 

グリーンプロダクツの販売拡大

 当社グループ独自の評価基準をクリアした製品を「グリーンプロダクツ」として認定し、環境性能の高い製品の販売拡大に努めています。お客さまの工場で省エネルギーがますます求められている中、2011年3月期に製品環境アセスメント基準を見直し評価項目に排気や純水、窒素ガスなどのユーティリティーが消費するエネルギーの電力換算値を追加しました。これはSEMI S23の「等価エネルギー」の考え方に沿ったものです。また製品環境アセスメント評価を実施することで製品のエコプロファイル(当社基準)が作成できるように改善しています。

 2016年3月期には、グリーンプロダクツの売上高が全売上高の92%に達しています。2012年3月期からの3年間の活動で新たに認定されたグリーンプロダクツの2014年3月期販売台数は419台で、年間のCO2削減効果は45,000トンに上ります。

 

※SEMIS23:半導体製造装置で使用されるエネルギー、ユーティリティー、材料の保全のためのガイド。「SEMI S23」の基本的な手法は、装置が年間に使用する電力・純水・排気などのユーティリティーの使用量を等価エネルギー(kWh)に換算し、エネルギー使用総量を算出します。ユーティリティーごとに優先順位を付け、エネルギー使用総量削減を図ります。

 

 

グリーンプロダクツの売上高占有率と認定製品数

 

 

 

 


ページの先頭に戻る