CSRの取り組み

ホーム > CSRの取り組み > 社会性報告:株主・投資家への責任

印刷

株主・投資家への責任

情報開示

適時に正確でわかりやすい情報開示を基本として

当社グループでは、株主・投資家の皆さまに経営ビジョン・事業の状況・財務内容などを、適時かつ正確に分かりやすくお伝えすることと、皆さまの声を経営に反映させることにより企業価値を持続的に向上させることをIRの基本方針としています。また、継続して経営レポートやインベスターズガイド、四半期ごとの株主通信などを発行し、株主・投資家の皆さまへの情報開示に努めています。さらに、IRのウェブサイトには、IRに関する資料、ニュース、スケジュールのほか、よくあるご質問への回答も掲載しています。

 

 

開かれた株主総会を目指して

「開かれた株主総会」を目指し、集中日を避けて開催しています。また、2007年からはインターネットを利用して議決権を行使できる仕組みも運用しています。事業報告などの説明に関しては、図表を中心とした分かりやすい資料作成を念頭に、会場内の大型モニターに映し出すことにしています。
 また、株主総会終了後には、株主の皆さまに当社をよりよくご理解いただくためのコミュニケーションの場として、会長、社長をはじめとする役員との懇談会を開催しています。

 

第73回定時株主総会第73回定時株主総会

海外投資家向けに説明をする垣内社長

 

パフォーマンス報告

 CSRに関するパフォーマンス報告は、年次報告書「経営レポート」で開示しています。

 


ページの先頭に戻る