CSRの取り組み

ホーム > CSRの取り組み > 社会性報告:調達EC

印刷

調達EC

インターネットを利用した、調達ECの活動を推進しています。

インターネットの利用により、スピードへの対応と情報の共有化を行い、 購入先さまとの親密な関係を実現するために、一貫EDI構築と電子調達の推進、および購入先さまの生産情報の連携強化を目指します。

購買部門と購入先を結ぶ4つのシステム

購買部門では「資材調達ホーム・ページ」「図面開示システム」「見積依頼・回答システム」「発注EDIシステム」の4つのシステムにて購入先さまとの連携をはかっております。

それぞれのシステムで、購入先様と共に、スピーディーで効率良く業務を遂行でき、更なる繁栄となるWin・Winの関係を目指して、積極的な取組みをおこなっております。

資材調達ホーム・ページ

新規購入先開拓を目的に、当資材調達のホーム・ページでは公募品目を公開し、広く世界中から購入先を募集しています。

ホーム・ページ上にアクセスし公募品目を確認⇒専用フォームから応募できるシステムとなっております。

 

図面開示システム

購買部品の約4割が「加工部品」のため、図面が非常に重要となります。「図面開示システム」の導入により、電子データでの受渡しが可能となりました。

一部の図面をCADデータにてお渡しすることもできるようになり、併せて図面管理システムなど管理ツールのご提供のサポートも整いました。

見積・回答システム

原則、全ての見積をインターネット経由でお願いしており、スピードと業務効率化を実現しています。特に加工部品に関しましては24時間見積を前提とし、見積依頼を行ったのち24時間以内にご回答頂きます。

発注EDIシステム

発注~納期回答~入庫~支給~検収・買掛~支払いまでの業務を一貫して運用できるシステムです。

本システムは、発注に関する全ての情報が管理されており、現在の受注状況を確認することはもちろん、過去6ヶ月間におこなった取り引きを自由に確認することが可能です。


ページの先頭に戻る