グループニュース

ホーム > グループニュース > グループニュースアーカイブ:2011年 > 新開発のCTPワークフロー「EQUIOS PT-R」を9月に発売

印刷

2011年7月12日

Doc. No.: MPNL110712

新開発のCTPワークフロー「EQUIOS PT-R」を9月に発売
~入出力自動処理、CMS管理、版面設計機能を強化し、さらなる自動化・省力化を実現~

大日本スクリーン製造株式会社(本社:京都市上京区)のメディアアンドプレシジョンテクノロジーカンパニー(社長:青木 克彦)はこのたび、製版工程の自動化・省力化を実現する新たなワークフロー「EQUIOS PT-R」を開発。9月上旬から国内での販売を開始します。

従来のCTP・オフセット印刷のワークフローは、工程ごとに多くの人的作業が必要なため複雑化し、各分野のオペレーターのスキルに依存することが不可避となっていました。今回リリースする「EQUIOS PT-R」は、この工程間の壁を取り払うことにより、個々のオペレーターに依存していた専門作業の自動化・省力化を実現。ミスの発生を最小限に抑えることが可能な、信頼性の高いワークフローを提供します。

「EQUIOS PT-R」では、大日本スクリーンが長年培ってきたプロフェッショナル向けのカラーマネジメント技術や面付け機能を継承し、強化するとともに、チケット管理など運用面での煩雑さやGUIを大幅に改善。使いやすい操作性により、経験の浅いオペレーターでもプロならではのノウハウを活用できます。また、各社プロダクションプリンター(トナー式POD)との相互連携の強化により、デジタル印刷工程を含むワークフロー全体の管理・統合を推進します。

当社は今後も、さらなる小ロット化が進む印刷市場において、CTP・オフセット印刷工程の効率的な運用とデジタル印刷の有効活用を両立する、革新的な統合ワークフローを提供していきます。そしてCTPおよびPODの世界的リーディングカンパニーとして、時代を問わずお客さまにとって欠かせないパートナーであり続け、多彩なソリューションを提供することにより、印刷業界の発展に貢献していきます。

写真:「EQUIOS PT-R」

この画像の印刷用データ(解像度300dpi)は、下記URLよりダウンロードできます。
(www.screen.co.jp/press/nr-photo_2009-2011.html)

<EQUIOS PT-Rの主な特長>

  • ユーザーニーズを網羅する多彩なラインナップ
    既存のTrueflowと接続して「EQUIOS PT-R」の最新機能を反映できる「EQUIOS Trueflow Drive」の他、複数のCTPを効率的に統括するマルチデバイス運用などのユーザー環境に応じたフレキシブルなワークフロー設計を可能にする、豊富な製品をラインアップしています。
  • 入出力の自動化・省力化
    異なる仕様を1つのジョブで管理するセクション運用に加え、プルーフ用、CTP用など台割りチケットを複数持つことが可能になり、入稿後の操作を大幅に低減できます。さらに、より高度な入稿データのチェック、ページ進行順による進捗管理、自動ページ割り付けなどにより、オペレーターによる判断機会を大幅に削減。CTPワークフローにおける作業ミスを徹底的に排除します。
  • 強力な検索機能
    登録数の増加に伴い管理が煩雑になったチケットやジョブテンプレートは、「EQUIOS PT-R」がジョブの仕様に応じて自動で絞り込みを実行。急な変更にも迅速・確実に対応できる運用環境を実現します。
  • 最新RIPコアの搭載
    Adobe® PDF Print Engine®2.5を搭載。複雑なデータの高速処理や、さらなる安定化を可能にします。
  • プロダクションプリンターとの相互連携
    各社のプロダクションプリンター(トナー式POD)との連携を強化。「EQUIOS PT-R」から、出力の基本操作指示や進捗・実績の取得が可能になるなど、統合ワークフローとしての優れた作業性と管理機能を備えています。
  • 新開発のメディア管理データベース
    当社のインクジェット印刷システムのCMS機能を、CTPワークフローへと拡張。一般のオペレーターがCMSを意識せずに作業を行える環境を提供します。また、新開発のメディア管理データベースは、用紙やデバイスにひも付けられたドットゲイン情報や補正ツールを一元管理。使いやすいだけでなく、管理コストの削減を実現します。

「EQUIOS PT-R」は、当社製CTP「PlateRiteシリーズ」をコントロールする製品です。

「EQUIOS PT-R」サーバーの動作環境:Windows Server® 2008 R2(64bit)のみに対応します。

Adobe、Adobe PDF Print Engineは、Adobe Systems Incorporated(アドビ システムズ社)の米国ならびに他の国における商標または登録商標です。Windows、Windows Serverは、米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。

● 本件についてのお問い合わせ先

大日本スクリーン製造株式会社

メディアアンドプレシジョンテクノロジーカンパニー ビジネス統轄部 マーケティング.コミュニケーション課:
Tel 075-414-7610 〒602-8585 京都市上京区堀川通寺之内上る4丁目
URL: www.screen.co.jp/font/


ページの先頭に戻る