グループニュース

ホーム > グループニュース > グループニュースアーカイブ:2011年 > 「IGAS2011」で「Shift to Value Creation」をテーマに新たなビジネスプロモーションを推進

印刷

2011年7月27日

Doc. No.: MPNL110727

「IGAS2011」で「Shift to Value Creation」をテーマに
新たなビジネスプロモーションを推進
~大手クライアントで実践した事例を紹介~

大日本スクリーン製造株式会社(本社:京都市上京区)のメディアアンドプレシジョンテクノロジーカンパニー(社長:青木 克彦)は、2011年9月16日(金)から21日(水)まで東京・有明の東京ビッグサイトで開催される国際総合印刷機材展「IGAS2011」に出展。「Shift to Value Creation」をテーマに、大手クライアントで実践した事例の紹介とともに、新たなビジネスプロモーションを提案します。

近年、印刷業界を取り巻く多くのクライアントは、従来のマスプロモーションだけでなく、細分化・パーソナル化など、より一層柔軟で多様なプロモーションを求めています。そのため印刷会社では、従来型の印刷に加えて新たな印刷手法が求められ、効果的なセグメンテーション、パーソナライゼーションに向けた仕組みづくりも不可欠となっています。

このような現状を背景に、今回の「IGAS2011」において当社は、実在する大手クライアントに対して実践した、当社POD印刷機を駆使したセールスプロモーションの数々を詳しくご紹介。PODがもたらす新たなビジネスプロモーションを実感いただけます。そして、このような現実のニーズに応える、「EQUIOS」を中心としたユニバーサルワークフローを出展。当社サーマルCTP、Truepress Jet520、Truepress JetSXに加えて、他社製PODまでも包括したワークフローによる最適な運用をご提案します。さらに、EQUIOSNETパートナーとの連携による、受注から納品に至るまでの数々のソリューションをご紹介。印刷会社の新たなビジネスプロモーションを、より一層強力に推進します。

写真:当社ブース(東ホール E3-2)のイメージ図当社ブース(東ホール E3-2)のイメージ図

これらの画像の印刷用データ(解像度300dpi)は、下記URLよりダウンロードできます。
(www.screen.co.jp/press/nr-photo_2009-2011.html)

<主な出展製品>

デジタルオンデマンド印刷システム

  • Truepress JetSX
    B2サイズ対応のフルカラー枚葉インクジェットプリンティングシステム。オフセットに迫る高い印刷品質に加え、オフセット本紙にプレコートなしで直接印字できるため、用紙の持つ風合い(凹凸や光沢)を生かした高級感溢れる印刷物の創造に貢献します。さらに、両面バリアブル印刷機能を標準装備。カタログ、カレンダー、フォトブック、ポスター、グリーティングカードなど、多様なアプリケーションにデジタル印刷ならではのパーソナライゼーションを加えた、新しいビジネスを実現します。
  • Truepress Jet520EX モノクロタイプ
    300台以上の出荷実績を誇るフルカラーバリアブルインクジェットプリンティングシステムTruepress Jet520シリーズの中から、モノクロ専用タイプを出展。最大250mmまでの用紙幅に1台で両面印刷が可能なSED(Single Engine Duplex)仕様によるデモンストレーションを行います。バリアブル印刷を駆使した帳票、小ロットの書籍の制作など、モノクロタイプPODによる具体的なアプリケーションをお確かめください。

デジタルエンボスシステム

  • Scodix1200
    UVインクジェット方式でクリアニスインクを印刷するシステム。印刷済みの用紙に部分的に厚盛り印刷を行い、加飾による印刷物の表現力アップを実現します。従来方式のニスコーターやプロダクションプリンター(トナー式POD)では不可能な、最大70μmまでの厚みのクリアニスを印刷できるほか、ベタ面は滑らかで美しく、細かなパターンの印刷によるマット調仕上げも可能。Truepress JetSXやオフセット印刷機との組み合わせにより、「付加価値印刷ソリューション市場」を先導します。

ワークフロー

  • EQUIOS
    大日本スクリーンが長年培った印刷・製版の技術やノウハウと、最先端のインクジェット印刷技術を融合したユニバーサルワークフロー。最新のRIPコアがもたらす高速処理、用紙情報にリンクした実践的で容易なカラーマネジメント、製版のノウハウを集約した使いやすい面付け機能など、豊富な経験に基づくプロフェッショナルのノウハウを、オペレーターの経験に依存しない使いやすさで提供します。また、今回出展するTruepress JetSXをはじめとする、当社のインクジェットシステムのパフォーマンスを最大限に発揮させる機能を満載しているほか、9月上旬にリリースする「EQUIOS PT-R」では当社CTP「PlateRiteシリーズ」との連携を実現。工程間の壁をなくし、各種作業を自動化・省力化することにより、人的ミスを最小化できるワークフローです。
  • Trueflow SE Ver.7
    新たなジョブワークフロー「EQUIOS-Pre4m(イクオス プリフォーム)」は、CIP4に準拠した折りカタログの搭載により、面付け設計の自動化・変更に柔軟に対応します。さらに、JDF連携による前後工程の自動化を促進。書籍の制作に威力を発揮するセクション機能などを新たに搭載した、最新バージョンです。
  • EQUIOS Online
    クライアントと制作・製版現場をつなぐリモートデスクトップシステム。「EQUIOS PT-R」およびTrueflowSEと連携したオンライン入稿・校正・承認機能に加え、HTML5形式での出力に対応。iPadでのページめくり表示も可能など、ユーザーへの新たなサービスはもちろん、電子書籍分野へのビジネス展開に活用できます。

サーマルCTP

  • PlateRite HD 8900Z
    世界トップシェアを誇る「PlateRiteシリーズ」の中で最も需要の高いA4サイズ8ページモデルにおいて、シリーズ最速の処理能力を誇るフラッグシップモデルを初出展。1時間当たり67版という超高速出力を実現しています。また、新設計のオートローダーやリモートコントロールにより、操作性が大幅に向上。さらに、待機電力を大幅に削減する省エネルギーモードの採用など、先端技術の粋を結集した環境対応型サーマルCTPです。
    ※アルミ版の商業印刷用CTPにおける当社調べ

環境ソリューション

「エネルギーの見える化」がもたらす、空調など間接電力の無駄の排除、生産設備の効率運用、省エネ化、そしてカーボンフットプリントに関する制度化への準備など、印刷業界に最適な環境改善を実現するソリューションをご提案します。

[サンプルによるご紹介]

  • Truepress Jet2500UV
    印刷本紙はもちろん、透明PETフィルム、アクリル板など豊富な基材に対応する、ロール&ボード兼用のUV硬化型インクジェットプリンター。高い画質が求められるポスター、バックリット、ウィンドーフィルムをはじめ、大サイズのビルボード、バスラッピングなどの多彩な用途に、1台で対応できます。また、充実した自動メンテナンス機能により、安定した連続生産を実現。さらに、新たに標準搭載したマルチレイヤープリンティング機能は、最大7層までの複数レイヤーの印刷がワンパスで可能なため、表裏で異なるデザインのウインドーグラフィックなど、付加価値の高いアプリケーションを提供します。
  • Truepress Jet1600UV-F2
    ワイドフォーマットUV硬化型インクジェットプリンターのエントリーモデル。サインディスプレー用途だけでなく、2ポイントの文字まで判読可能な高精細印字により、パッケージ、POPの校正、モックアップ、小ロット生産まで幅広く対応。CMYKに加え、デュアルヘッドによる隠いんぺい蔽性の高いホワイトインクの使用が可能。透明基材や色付き基材にも、最適な色再現を実現します。また、同時搭載が可能なクリアインクにより、スポット的なニスやエンボス効果を表現できるため、加飾効果の高い印刷も可能です。
  • Nilpeter コンビネーション印刷機
    さまざまな素材への高品位印刷が可能な、フレキソ印刷をベースとしたコンビネーション印刷機によるサンプルをご紹介します。

<東京(門前仲町)にデータ処理から後加工までを含むソリューションの発信基地を開設>

「IGAS2011」の初日となる9月16日(金)、江戸の歴史が息づく東京・江東区門前仲町に新たなショールームがオープンします。ショールームには、データ処理をはじめとする前処理、各種インクジェット機によるデジタル印刷、製本・加工などの後処理に必要な機器やソフトウエアが集結。大日本スクリーングループの総力に加え、協業ベンダーとの連携により実現する、これからの時代を象徴するソリューションの体感の場を提供します。

当社はEQUIOSNETでつなぐ新たな印刷ビジネスの提案と支援を通して、今後も印刷業界のさらなる発展に貢献していきます。

● 本件についてのお問い合わせ先

大日本スクリーン製造株式会社

メディアアンドプレシジョンテクノロジーカンパニー ビジネス統轄部 マーケティング.コミュニケーション課:
Tel 075-414-7610 〒602-8585 京都市上京区堀川通寺之内上る4丁目
URL: www.screen.co.jp/font/


ページの先頭に戻る