グループニュース

ホーム > グループニュース > グループニュースアーカイブ:2014年 > 三菱マテリアルとSCREENセミコンダクターソリューションズMEMS業界初のPZT圧電膜量産技術を共同で開発

印刷

2014年10月23日

Doc. No.: NR141023

三菱マテリアルとSCREENセミコンダクターソリューションズ
MEMS業界初のPZT圧電膜量産技術を共同で開発
~従来比2倍以上の生産性を実現~

  三菱マテリアル株式会社(取締役社長:矢尾 宏)の電子材料事業カンパニー(以下、三菱マテリアル)と、株式会社SCREENホールディングスのグループ会社である株式会社SCREENセミコンダクターソリューションズ(代表取締役社長:須原 忠浩、以下、SCREENセミコンダクターソリューションズ)は、微小電気機械システム(MEMS※1)デバイスに使われるPZT(チタン酸ジルコン酸鉛)圧電膜※2について、このたびMEMS業界初となる量産技術を共同で開発しましたので、お知らせいたします。

 

 

  1. 本量産技術開発の背景

  PZT圧電膜は、圧電効果を発揮する機能性薄膜で、インクジェットプリンターのヘッド、車載用のセンサーやアクチュエーター、センサーネットワーク用の環境発電デバイスなど、多くのMEMSデバイスにおいて使用拡大が見込まれる機能部材です。

  半導体製造におけるPZT圧電膜の成膜方法には、スパッタリング法とゾルゲル法※3の主に2つの方法があります。スパッタリング法は広く用いられていますが、PZTが三成分系複合酸化物であることから、わずかな組成の違いにより電気特性などが不安定となるため、特に大口径ウエハーへの「安定的」かつ「均一」な成膜に課題があります。

  一方、ゾルゲル法は、均一な組成のゾルゲル薬液を使用するため、大口径ウエハーへ成膜する場合でも「安定的」かつ「均一」な成膜が可能です。しかしながら、MEMSデバイスで必要とされる2μm程度の膜厚を得るために、塗布および焼成を20~30回程度繰り返す必要があるため、生産性の向上が課題となっていました。

  また、PZT圧電膜の量産について、従来ユーザーは自社で技術開発を行わねばならず、量産体制に至るまで、多大な費用・時間を必要とすることもあわせて課題となっていました。

 

  2. 本量産技術の概要

  本量産技術は、三菱マテリアルのゾルゲル薬液(PZT-N)を、SCREENセミコンダクターソリューションズの塗布・焼成装置(80EX)で用いることにより実現可能となります。塗布膜厚を増加し、大面積への均一な塗布および焼成を図ることで、塗布回数は従来の20~30回※4から10回程度へと大きく低減されます。

  本量産技術により、塗布・焼成装置一台あたりのスループットは、1.3枚/時間から従来比で2倍以上の2.9枚/時間に向上するため、生産性の大幅な改善に繋がります。

  また、ウエハーサイズは、MEMS用途として最大の8インチまで対応可能となります。

 

  3. 今後の展開

  三菱マテリアルが販売するゾルゲル薬液と、SCREENセミコンダクターソリューションズが販売する塗布・焼成装置を組み合わせた本量産技術により、実用レベルのPZT圧電膜の量産が、早期かつ簡単に実現可能となります。

  三菱マテリアルとSCREENセミコンダクターソリューションズは、本量産技術の提供により、今後もMEMSデバイスの発展に貢献してまいります。

  なお、本量産技術の成果は、来る10月28日、29日に神戸で開催される圧電MEMSの国際学会「PiezoMEMS 2014」においてご報告する予定です。

 

 【用語解説】

※1・・・・・・

MEMS(メムス):

Micro Electro Mechanical Systemsの略。機械要素部品、センサー、アクチュエーター、電子回路を一つの基板上に集積化したデバイス。

※2・・・・・・

PZT(チタン酸ジルコン酸鉛)圧電膜:

圧力を加えると電圧を発生し、逆に電圧を加えると変形する機能材料膜。

※3・・・・・・

ゾルゲル法:

有機金属化合物の溶液(ゾルゲル薬液)を用い、塗布、乾燥、焼成の工程を経ることで基板上に金属酸化物の膜を得る成膜方法。

※4・・・・・・

MEMS用として一般的に求められる2μm厚のPZT圧電膜の塗布回数。

 

 

写真①

  三菱マテリアル製

  ゾルゲル薬液(PZT-N)

写真②

  SCREENセミコンダクターソリューションズ製

  塗布焼成装置(80EX)

 

 

写真③

  8インチウエハー上に成膜された

  膜厚2μmのPZT圧電膜

スループット比較



 

①、②の画像の印刷用データ(解像度300dpi)は、下記URLよりダウンロードできます。
(http://www.screen.co.jp/press/nr-photo_2014-2015.html)

 

 

■三菱マテリアル株式会社 会社概要
   社 名:三菱マテリアル株式会社
   本 社:東京都千代田区大手町1-3-2
   コーポレートサイト:http://www.mmc.co.jp/corporate/ja/index.html

 

■株式会社SCREENセミコンダクターソリューションズ 会社概要
   社 名:株式会社SCREENセミコンダクターソリューションズ
   本 社:京都市上京区堀川通寺之内上る4丁目天神北町1番地の1
   コーポレートサイト:http://www.screen.co.jp/spe/index.html

【報道関係者からのお問い合わせ先】
   三菱マテリアル株式会社経営戦略部門 広報・IR部
   Tel.03-5252-5206 Fax.03-5252-5272

   株式会社SCREENホールディングス 広報・IR室
   Tel.075-414-7131 Fax.075-431-6500
 
【製品に関するお問合せ先】
   三菱マテリアル株式会社電子材料事業カンパニー 機能材料事業部 営業部
   Tel.03-5819-7320 Fax.03-5819-7321
   〒130-0015 東京都墨田区横網1丁目6番1号

   株式会社SCREENセミコンダクターソリューションズ 事業統轄部
   Tel. 075-417-2527 Fax. 075-417-2546
   〒602-8585 京都市上京区堀川通寺之内上る4丁目天神北町1番地の1

 

 

 


 掲載されている情報は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。


ページの先頭に戻る