グループニュース

ホーム > グループニュース > グループニュースアーカイブ:2015年 > 株式会社島津製作所と株式会社SCREENホールディングスが高速3D細胞スキャナー「Cell3iMager」の販売契約を締結

印刷

2015年2月25日

Doc. No.: NR150225

株式会社島津製作所と株式会社SCREENホールディングスが高速3D細胞スキャナー「Cell3iMager」の販売契約を締結

  株式会社島津製作所(本社:京都市中京区、社長:中本晃、以下 島津製作所)と株式会社SCREENホールディングス(本社:京都市上京区、社長:垣内永次、以下 SCREEN HD)はSCREEN HDの製造する高速三次元(以下3D)細胞スキャナー「Cell3iMager(スリー・ディー・セル・イメージャー)」シリーズに関して国内販売契約を締結。これを受けて、島津製作所は製薬市場やアカデミア市場に向けた販売を開始しました。

 

  3D培養した細胞塊(スフェロイド)は、通常の2D培養した細胞に比べて、より生体に近い状態であるため、創薬におけるスクリーニングや毒性評価において高い有効性が示されています。SCREEN HDのCell3iMagerは、このスフェロイドを高速にスキャンし、そのサイズや形態から細胞の増殖や減少を正確に計測する装置です。通常、細胞増殖の計測には専用の検査試薬を用い、経時変化を計測するには測定点ごとにサンプルを用意する方法が取られることから、同一サンプルでの計測は不可能です。本装置は検査試薬が不要であるため細胞を繰り返し観察でき、同一細胞の経時的な変化が計測可能です。これにより工程短縮と作業の簡略化、コスト削減が図れ、候補薬剤を細胞変化により評価する装置として注目を集めています。また本装置により、島津製作所が得意とするHPLCやLCMSを用いた成分分析では得られない細胞のサイズや形態の情報を付加することができ、より高精度な薬効・毒性評価法の確立も期待されます。最近は、多能性幹細胞の分化誘導時に必要となる胚様体形成の観察にも有用であることが示されるなど用途が急速に拡大しています。

 

  島津製作所は新事業戦略の一つとして、ライフイノベーションを掲げ、細胞解析事業の深耕に注力しており、その中の仕入品事業の第一弾として、本製品の販売を開始しました。

 

  両社はこのたびの販売契約締結により、島津製作所のライフサイエンス市場における豊富な経験とネットワークを活用し、国内におけるCell3iMagerの拡販を目指します。そして、今後もライフサイエンス分野の発展に貢献していきます。

 

 

写真: Cell3iMager(左) と Cell3iMager neo

これらの画像の印刷用データ(解像度300dpi)は、下記URLよりダウンロードできます。
(http://www.screen.co.jp/press/nr-photo_2014-2015.html)

 

 

 【報道関係の皆様のお問い合わせ先】
 株式会社島津製作所 広報室
 〒604-8511 京都市中京区西ノ京桑原町1    Tel 075-823-1110  Fax 075-823-1348

 株式会社SCREEN ホールディングス 広報・IR 室
 〒602-8585 京都市上京区堀川通寺之内上る4 丁目天神北町1 番地の1    Tel 075-414-7131  Fax 075-431-6500

 

 


 掲載されている情報は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。


ページの先頭に戻る