グループニュース

ホーム > グループニュース > グループニュースアーカイブ:1998年 > 大日本スクリーンの久御山・十条・東京地区事業所環境管理システムの国際規格「ISO14001」の認証を取得

印刷

1998年7月2日

大日本スクリーンの久御山・十条・東京地区事業所
環境管理システムの国際規格「ISO14001」の認証を取得

大日本スクリーン製造株式会社(本社:京都市上京区/社長:石田 明)は、久御山(京都府久世郡久御山町)および十条事業所(京都市南区)、東京地区事業所(東京都豊島区、東京支店および池袋事業所)において環境管理システムの国際規格「ISO14001」の認証を取得しました。

これは、久御山および十条事業所が1998年6月9日付で認証機関「ラインランド技検株式会社」の審査を受け、「TUV Anlagentechnik GmbH」から認証を取得、東京地区事業所が6月22日付で株式会社日本環境認証機構(JACO)から認証を取得したもので、昨年2月の本社事業所の取得に続くものです。

久御山および十条事業所は、グラフィックアーツ関連機器およびソフトウェア製品の開発、製造を担当する生産部門。両事業所合計の就労人数は、440名の当社社員と構内協力企業の社員330名の合計770名。東京地区事業所は、グラフィックアーツ関連機器および電子工業機器、電子工業部品の販売、サービスおよび開発を担当、東京地区を統括する管理部門を中心とした事業所。就労人数は390名の当社社員と構内協力企業の社員40名の合計430名。このたびの認証取得は各事業所の就労者全員の協力によるもので、「廃棄物の削減」「省エネルギーの推進」「紙の使用量の削減」を環境目的に掲げた環境管理システムが評価されました。

当社は、1994年7月、環境管理室を設置し製品の安全性や環境管理の取り組みに着手するとともに、同年10月、環境保全についての自主活動計画「環境ボランタリープラン」を策定。以来「大日本スクリーンは、人と地球に優しい環境形成の技術を追究することにより、世界の人々が自然とともに豊かな未来を共有できる社会の実現に貢献します」を全社環境理念として掲げ、環境管理活動に取り組んでいます。

【事業所名】 【取得日】 【登録番号】
久御山および十条事業所 1998年6月9日 09 110 7046
東京地区事業所 1998年6月22日 EC98J1018
(注)「ラインランド技検株式会社」と「TUV Anlagentechnik GmbH」は、ドイツの認証機関「TUV Rheinland/Berlin-Brandenburg GmbH」グループの法人です。

ページの先頭に戻る