グループニュース

ホーム > グループニュース > グループニュースアーカイブ:1998年 > 小額電子取引システム「Millicent」の公開実験に参画画像の素材集を仮想販売

印刷

1998年7月6日

小額電子取引システム「Millicent」の公開実験に参画
画像の素材集を仮想販売

大日本スクリーン製造株式会社(本社:京都市上京区/社長:石田 明)のサイバープラザPROVISION(東京・渋谷)は、米国コンパック・コンピュータ・コーポレーションがインターネット上で公開実験している小額電子取引システム「Millicent(ミリセント)」に参画し、画像の素材集を仮想販売しています。

小額電子取引システム「Millicent」は、米国コンパック・コンピュータ・コーポレーション(旧DEC)が開発した小額電子商取引システムで、世界初のインターネット上での小額決済による情報売買システム。デジタル商品やソフトウエア、ゲーム、音楽、映画の1シーンなどが、10分の1セントから5ドルあるいはそれ以上の価格で売買されます(日本DECは1998年1月30日付発表)。

当社は、実験的に運営されている小額電子取引システムのホームページに「PROVISIONストア」をオープン、デジタル画像素材をラインアップし、1点の画像データを2セントで仮想販売しています。当社は、この実験を通じて、電子決済に関するノウハウを習得し、新しいインターネットソリューションの商品に展開していきます。

なお、この公開実験には世界で数百社が参加しており、仮想店舗を構えての参加は約30社ありますが、日本では参加企業が10数社あるものの、仮想店舗を構えての参加は現在のところ当社だけです。

【ホームページURL】

  • 「Millicent」:http://millicent.digital.com/(米国サイト)
  • 「Millicent」:http://www.dec-j.co.jp/ic/millicent/(日本サイト)
  • 「PROVISIONストア」:http://www.provision.or.jp/millicent/index2.html
(注)日本DEC:日本ディジタルイクイップメント株式会社の略称
「PROVISIONストア」のホームページ

ページの先頭に戻る