グループニュース

ホーム > グループニュース > グループニュースアーカイブ:1998年 > WWW対応マルチメディアデータベースサーバー「CrossVision(クロスビジョン)」を開発

印刷

1998年9月16日

WWW対応マルチメディアデータベースサーバー
「CrossVision(クロスビジョン)」を開発

大日本スクリーン製造株式会社(本社:京都市上京区/社長:石田 明)は、デジタルコンテンツを管理するデータベースシステム、WWW対応マルチメディアデータベースサーバー「CrossVision(クロスビジョン) Ver 1.1」を開発、1998年9月16日から販売します。

現在、印刷や製版工程の急速なデジタル化にともない、画像やテキストなど多くの情報がデジタルデータ(コンテンツ)となっています。これらのデジタルコンテンツを印刷物とは異なるメディア、例えばCD-ROMやインターネットなど、様々な用途に流用するケースが増加し、今やデジタルコンテンツは劣化することのない資産とみなされ、新たな価値を生んでいます。また、チラシ・カタログの制作においては、デジタルデータの再利用が多いため、混在する多種多様なデータを効率よく管理でき、膨大なデータの中から必要なものを素早く探し出せるデータベースシステムが求められています。

このたび当社が開発した「CrossVision」は、インターネット、データベース、プリプレスの技術を融合したマルチメディアデータベースサーバーです。100万件のデータが登録でき、検索時間はほんの数秒という迅速処理を実現し、大量のデジタルコンテンツ管理に威力を発揮します。さらに、会社間でネットワークを介してデータを共有できるため、クライアントやデザイン会社を含めたデジタル制作フローの構築が可能となり、作業効率のアップ・印刷物の納期短縮も図れます。

デジタルコンテンツの管理は、従来の印刷・製版業界だけでなく、宣伝・出版業界やデジタル印刷やマルチメディアに取り組む一般企業においても重要視されていることから、「CrossVision」はこれらのデジタルコンテンツの再利用や管理の必要がある全ての分野に適用できます。

また、当社のプリプレス用統合システム「RENATUS」やチラシ・端物制作システム「AVANAS Leaf」、OPIサーバー「Get The Picture」と連携したワークフローが構築でき、生産性が飛躍的に向上します。

CrossVision(クロスビジョン)を搭載する最上位サーバー機「SE-6300」(別売)

☆この画像の印刷用データ(解像度300dpi)は、下記URLよりダウンロードできます。

 http://www.screen.co.jp/press/photo.html

<CrossVisionの特長>

1. 専用のアプリケーションが不要

基本操作は、Netscape NavigatorやInternet Explorerといった汎用WWWブラウザーから行います。パソコンに標準でインストールされていますので、クライアント用アプリケーションの配布・インストールの必要がありません。

2. 様々なデジタルコンテンツに対応

「CrossVision」はデータ(画像、音声、イラスト、各アプリケーションファイル)と、詳細情報(名称、特徴、コンテンツ情報)を合わせて登録・管理できます。

3. 簡単なオペレーション

データの登録は、ファイルをドラッグ&ドロップするだけの簡単操作。詳細情報はコンマ又はタブ区切りのテキストをデータベースにインポートすることにより、大量にかつ確実に登録できます。また、検索・ダウンロードといった基本操作もインターネットのホームページを閲覧する感覚で行えます。

4. 用途に応じた検索機能

検索方法には、詳細情報の項目をキーワードとして検索するキーワード検索、テキストファイルから検索するCSV検索、詳細情報の分類ごとに検索する分類検索、コンテンツの使用履歴から検索する履歴検索など目的に応じた検索ができます。また、キーワード検索では2段階の絞り込み検索が可能ですので、迅速な検索が行えます。

5. Macintosh、Windows 対応

「CrossVision」にアクセスを行う環境として、MacintoshとWindowsの両方に対応しています。DTPにおいても、MacintoshDTPとWindowsDTPの混在した運用に適応できます。

6. 当社製品のRENATUS/GTP/AVANASとの連携

バックエンドシステムとしてRENATUSおよびGTP(Get The Picture)のOPI機能に対応、フロントエンドシステムとしてAVANAS Leafと連携でき、作業効率を大幅に向上します。QuarkXPressやAVANASなどの編集ソフトでレイアウト処理した粗画像をRENATUSやGTPシステムが「CrossVision」で管理している実画像に自動的に差し替えます。

7. 履歴機能

画像やイラストの使用回数や作業情報などを使用履歴として管理できます。過去の履歴を検索し不使用なコンテンツを削除する判断材料としても活用できます。

8. 万全なセキュリティー対策

「CrossVision」にアクセスするユーザーを制限でき、データのセキュリティーを確保します。

<国内標準販売価格・消費税別>

1サーバー5クライアント: 220万円より
※ワークフロー構築サービスも別途用意しています。ユーザーの環境に合ったシステムを構築できます。

<動作環境>

ハードウェア :サンマイクロシステムズ社製ワークステーション(別売)
OS :Solaris 2.5.1

<発売日>

1998年9月16日

<販売予定数>

60セット/年(初年度)
*Apple、Macintosh、Power Macintoshおよび漢字Talkは米国およびその他の国で登録されているApple Computer,Inc.の商標です。その他記載された社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

ページの先頭に戻る