グループニュース

ホーム > グループニュース > グループニュースアーカイブ:1998年 > 世界最高速の平面走査型イメージセッター「ジェナセット5000F」シリーズを発売

印刷

1998年10月6日

世界最高速の平面走査型イメージセッター
「ジェナセット5000F」シリーズを発売

大日本スクリーン製造株式会社(本社:京都市上京区/社長:石田 明)は、高速・高品質出力を追求した平面走査型イメージセッター「ジェナセット5000F」シリーズを開発し、1998年10月20日から発売します。

当社は、日本国内も含めた全世界の印刷製版機器市場で既に8,000台のイメージセッターを納入しており、B1からA3サイズまでの出力機市場での国内シェアは約40%になります。

このたび発売する「ジェナセット5000F」シリーズは、発売以来全世界で4,000台の販売を達成した「ジェナセット3000F」シリーズの後継機で、従来機と比べ見当精度を2倍に向上させ、かつ世界最速の出力スピード(解像度1,200dpi時)を実現した平面走査型のイメージセッターです。また、フィルム、ペーパー、フレキシブル・プレートといった幅広い感光材にも柔軟に対応でき、今日のビジネスサイクルの短納期化や印刷製版工程のデジタル化に適した性能を誇ります。同シリーズには、出力サイズに応じてB2フォーマットの「ジェナセット5055F」と、B3フォーマットの「ジェナセット5040F」の2機種を揃えました。なお、「5040F」の既納機から「5055F」へのアップグレードが可能です。

<特長>

・当社独自のフィルム搬送機構で優れた見当精度

CMYK4版のフィルムの重ね合わせ精度は±25μm。これは、露光部前後のフィルムのたるみゾーンを設けた機構で感材の搬送ムラを除去し、さらに露光ビームの位置を高精度に制御したことによるものです。

・5面ポリゴンミラーで高速出力

出力スピードは1,200dpiで1,524 mm/minを達成。このクラスでは世界最速の出力スピードを誇ります。これは、露光機構に5面のポリゴンミラーを採用し、その最高回転速度14,400rpmで72,000走査/分のスピードを実現(1,200dpi)したことによるものです。「ジェナセット5040F」は、B3サイズ1ページを22秒、「ジェナセット5055F」はB2サイズ1ページを30秒で露光(いずれも1,200dpi時)します。

・独自のレンズ開発で高品質な画質を追求

露光機構には、露光ビームのスポット径を絞り込むためにfθレンズを開発し、高い画質を追求しました。

・多様なパンチフォーマット

大日本スクリーン、ストーサ、プロトコル、バッハ、ウエスタン・リソテック、モンタロック、ベルといった多種多様なパンチを搭載可能。既納機への後付けも可能です。

・あらゆる感光材料に対応

「ジェナセット5055F」では、10~24インチまでの8種、「ジェナセット5040F」では、10~16インチまでの4種の幅に対応。さらに、フィルム、ペーパー、フレキシブル・プレートといった様々な感光材料にも対応。

・生産性を向上させる高速データ転送

ワイドSCSIデータ・インターフェースの採用により、最大20MB/秒の速度でデータ転送を行い、生産性を大幅に向上させました。当社の高速RIPシステムとの組み合わせにより、高速・高品質な出力が得られます。

・オンライン・フィルムプロセッサー「LD-M1060」

世界最速の出力スピードを持つ「ジェナセット5000F」シリーズの商品化に合わせて、現像処理スピードを20%(当社比)アップさせたフィルム自動現像機を開発しました。

<本体販売価格・消費税別>

ジェナセット5040F 700万円
ジェナセット5055F 1,000万円

<販売予定台数>

1,200台/年

<販売開始>

1998年 10月20日

<仕様>

   ジェナセット5040F ジェナセット5055F
型式名 FT-R5040 FT-R5055
記録方式 ポリゴンミラーによる平面走査方式、半導体レーザー(635nm)
分解能 1,000 、 1,200 、 1,500 、 1,800 、 2,400 、 3,000 dpi
重ね合わせ精度

フィルム:±25μm

フレキシブルプレート:±50μm*(5055Fでの508mm幅以上を保証)

感光材料種類 フィルム、ペーパー、フレキシブルプレート (いずれもHe-Neセンシティブ)
感光材料幅 フィルム・ペーパー フィルム・ペーパー

254mm/305mm/355mm/

406mm

254mm/305mm/355mm/

406mm/457mm/508mm/

558mm/609mm/

フレキシブルプレート フレキシブルプレート
254mmから406mmまで1mm単位に設定可能 254mmから615.0mmまで1mm単位に設定可能
最大露光幅 398mm 550mm
感光材料ロール長 61m
感光材料出力 感光材料回収箱もしくはオンライン・プロセッサー
感光材料回収箱の容量 15m
RIPインターフェース ワイドSCSI
入力ページバッファ ハードディスクドライブ2個
質量 200kg
電源 1φ100V~120Vで0.4kWもしくは1φ200V~240Vで0.4kW
アース 第三種接地
発熱量 340kcal/1,300BTU
外形寸法(幅×奥行×高さ) 778×988×1,003 mm
使用環境 温度23±5℃ 湿度50~70%

<選択付属品>

・パンチシステム

ジェナセット5040F ストーサ、大日本スクリーン、ベルのピンシステムから選択可能
ジェナセット5055F ストーサ、バッハ、大日本スクリーン、プロトコル、ウエスタン・リソテック、モンタロックのピンシステムから選択可能

・予備感光材料マガジン

・感光材料回収箱(スタンドアロン仕様のみ対応)

・SCSIケーブル

・ディファレンシャルSCSI

<周辺機器>

・ジェナセット5040F/5055F用フィルムプロセッサーLD-M1060

形式 迅速処理プロセッサー
処理方法 膜面下向き処理
電源 1φ200V3.8kW19A
アース 第三種接地(漏電ブレーカーも必要)
発熱量 3,200kcal/12,000BTU
外形寸法 1,280×1,041×1,003mm
質量(薬液投入時 145kg(187kg)

・ ソフトウエアRIP 「FlashRIP-AD」

型式名 AD-510PM
推奨プラットホーム MI-X G3MT/333、300(当社オリジナルMacintoshパッケージ)、Power Macintosh G3MT/333、300
メモリー 最低96MB、推奨256MB以上
入力言語 PostScript 3、PDF
内蔵フォント 欧文136書体、和文2書体または7書体(リュウミンL-KL、中ゴシックBBB、太ミンA101、太ゴB101、じゅん101、見出しミンMA31、見出しゴMB31)
入力インターフェース AppleTalk
スクリーニング方式 アルファロジックスクリーニングおよびAdobe Systems社の方式

*Apple、Macintosh、Power Macintoshおよび漢字Talkは米国およびその他の国で登録されているApple Computer,Inc.の商標です。Adobe、PostScript 3、PDFは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。その他記載された社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

高速・高品質を実現したジェナセット5040F/5055FとフィルムプロセッサーLD-M1060

ページの先頭に戻る