グループニュース

ホーム > グループニュース > グループニュースアーカイブ:1998年 > Windows DTPソフトウエア「AVANAS」シリーズ化に向けて、各種ソフトウエアを発売

印刷

1998年10月22日

Windows DTPソフトウエア「AVANAS」
シリーズ化に向けて、各種ソフトウエアを発売

大日本スクリーン製造株式会社(本社:京都市上京区/社長:石田 明)は、印刷・製版業界向けのWindows DTPソフトウエア「AVANAS(アバナス)」をシリーズ化する新しいソフトウエアを開発し、11月末から販売を開始します。このたび発売するソフトウエアは、組版処理系ソフト「AVANAS Leaf(リーフ)パッケージ」、「AVANAS Catalog(カタログ)パッケージ」、「AVANAS Head Line( ヘッドライン)」と、製版処理系ソフト「AVANAS MultiStudio(マルチスタジオ)」の4種類のDTPソフトウエアです。

近年の印刷・製版工程においては、パーソナルコンピューター市場で圧倒的なシェアを占めるWindowsパソコンを使用したカラー印刷物の企画・デザイン作業(Windows DTP)が盛んに行われ、様々な印刷物に対応したWindows DTPソフトウエアが求められています。

このたびの4種類のDTPソフトウエアは、他社に先駆けて昨年6月に発売し、高機能・高生産を実現した本格的なWindows DTPソフトウエア「AVANAS」を発展させたもので、そのうち組版処理系ソフトウエア「AVANAS Leafパッケージ」、「AVANAS Catalogパッケージ」、「AVANAS Head Line(1997年日本新聞協会技術開発奨励賞受賞)」は、それぞれチラシ・カタログ・新聞見出しの製作に最適化したパッケージです。製版処理系ソフトウエア「AVANAS MultiStudio」は、版下やロゴなどのアナログデータ処理が必要な製版工程に適応したソフトウエアで、デジタルとアナログが混在した処理が効率的にできる製版編集ソフトウエアです。

「AVANAS Leafパッケージ」を搭載したWindowsパソコン(別売)
☆この画像の印刷用データ(解像度300dpi)は、下記URLよりダウンロードできます。
http://www.screen.co.jp/press/photo.html

<各ソフトウエアの国内標準販売価格と年間販売本数>

  

販売価格

販売本数

AVANAS Leafパッケージ* 2,750,000円 500
AVANAS Catalogパッケージ* 2,100,000円 200
AVANAS Head Line 5,550,000円 50
AVANAS MultiStudio 3,300,000円 200
(注)販売価格は税別、販売本数は年間です。パソコンなどのハードウエアは含まない。
*サポート料金を含む価格です。

<各DTPソフトウエアの特長>

「AVANAS Leafパッケージ」

  • スーパーなどのチラシを制作するのに最適なソフトウエア。
  • 商品、価格、商品仕様などのデータを保管したデータベースとリンクでき、商品の配列や商品説明などの配置機能(組版)、データ再利用のためのリピート機能をさらに強化、データベースとのシームレスな双方向のデータ交換も可能。これにより、チラシ作成に必要とされるコスト削減と納期短縮を実現。
  • ロゴファイルを文字と同じ扱いで、指定した級数、ポイントサイズでジャストフィットした流し込みが可能。手間のかかる商品情報と価格の間のリーダ線や商品情報を強調する罫囲みも自動発生。
  • なじませ、合成、影付けなどの画像処理が、その画像をページに貼り込んだまま処理できる機能を搭載。従来の画像毎に処理した後にページに貼り込むという手間をなくし、画像処理を含むページのデザイン作業時間を飛躍的に短縮(オプション機能)。

「AVANAS Catalogパッケージ」

  • 商品や通販カタログ、旅行パンフレットなどページ数の多いカタログを効率良く作成するためのソフトウエア。
  • 商品データベースとのシームレスな双方向のデータの受け渡しをしながら、カタログの製作や素早い更新に威力を発揮。
  • 絵柄、図形、表組を含むページでできたカタログを製作する場合、雛形のデータ(マスター部品)とデータベースを関係付けるだけで、複数のページに商品写真や情報を自動的に配置可能。
  • カタログページに商品写真や情報などが配置された後、データベースの中に登録した商品写真や情報を移動、削除、または追加した場合、自動的にその変更を関連ページに反映し再レイアウト可能。

「AVANAS Head Line」

  • 1997年日本新聞協会技術開発奨励賞を受賞したソフトウエア。
  • 新聞のカラー面の見出しを簡単に製作でき、よりリアルで美しい新聞紙面のカラー印刷が可能。
  • 新聞見出しに最適な多重の色縁や多彩な文字配置、パターンの登録など、見出し作成をスピーディーに行う機能が満載。単位系も新聞特有の「倍」「unit」「ミルス」に対応。
  • 当社の統合製版システム「レナトス」との連携で、紙面上の段行字の位置を指定したり、面・版の振り分けを実行・管理でき、新聞製作の効率化に大きな威力を発揮。

「AVANAS MultiStudio」

  • 複合ドキュメント技術OLE 2.0をサポートし、Windows DTP環境を強化するデジタル・アナログ製版編集ソフトウエア。
  • デザイン・製版作業の現場で存在する版下などのアナログデータをはじめ、他社のWindowsソフトウエアで制作されたデジタルデータ(OEL技術)を効率的に製版編集処理可能。

【アナログデータ対応】

    • スキャン入力した版下のデータに対して、作図、製版指定、部品配置、画像処理などの追加加工が可能。また、ピンホール除去、角度合わせ、網フセ、ノセ指定、色フチなど強力な機能を搭載。
    • CADに匹敵する図形作成機能を搭載しているため、簡単に図形作成が可能。
    • ノセ、かぶせなどの製版指定が簡単。
    • ロゴなどの部品データも簡単に貼り込み可能。
    • トーンチェンジや影付け、エッジのなじませ処理にも対応。

【デジタルデータ対応】

    • Macintosh DTPからEPSやTIFFなどのデータを受け取り可能。
    • Windowsの複合ドキュメント技術OLE 2.0をサポートし、Microsoft MS-Word、Excel、PowerPointなどのデータの取り込み、加工編集が可能。
    • RGB形式となっているOLEのデータを自動的にCMYKデータ(印刷用データ)に変換するなど、従来のWindows DTPソフトウエアにない機能を搭載。
    • 分版、特色版での出力も可能。
    • 統合製版システム「レナトス」との連携では、「レナトス」がサーバー、「AVANAS MultiStudio」がクライアントソフトウエアとなり、製版処理や印刷直前の印刷版露光用データの修正が可能。

※標準バンドル(搭載)フォントについて

  • 本格的な日本語組版品質を語る上で必要不可欠な高品質のTrueTypeフォント集として、「フォント万葉集」を商品化し、「AVANAS Leaf パッケージ」「AVANAS Catalogパッケージ」に標準バンドル。
  • 「フォント万葉集」はオーソドックスな書体を中心に数字書体を含め全66書体をパック。 和文フォントでは、ヒラギノ明朝体・ゴシック体のウエイトを拡充。品質の良さでは定評のあるタイプバンク社の明朝・ゴシック・丸ゴシック。Windows環境では初のモトヤ社のシーダ・マルベリを搭載。数字書体では、シータ社の重ね数字書体ポックスフォントを搭載。チラシ・カタログ制作に欠かせない記号系書体従属外字も搭載。

*Macintoshは、米国およびその他の国で登録されているApple Computer,Inc.の商標です。Microsoft Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標であり、WindowsNTは同社の商標です。その他全てのブランド名および製品名は個々の所有者の登録商標または商標です。


ページの先頭に戻る