グループニュース

ホーム > グループニュース > グループニュースアーカイブ:1998年 > CD-ROM「京の歳時百科」を京都市に寄付

印刷

1998年10月27日

CD-ROM「京の歳時百科」を京都市に寄付

大日本スクリーン製造株式会社(本社:京都市上京区・社長:石田 明)は、このたび、京都の伝統行事や祭礼などを紹介したCD-ROM「京の歳時百科」春・夏・秋・冬編全4巻、95セットを京都市に寄付します。同CD-ROMは情報教育はもとより郷土・歴史学習に寄与するため京都市立の全中学校79校、高等学校9校、養護学校6校ならびに京都市教育委員会事務局 指導部 情報教育センターに配布されます。

贈呈式は10月28日(水)午後1時から京都市教育委員会において行われ、当社常務取締役 津田 雅也から京都市教育委員会教育長 崎野 隆氏に目録が贈呈されます。

このたび寄付するCD-ROM「京の歳時百科」春・夏・秋・冬編は、財団法人平安建都1200年記念協会常任理事で、武庫川女子大学教授の森谷 尅久氏の監修により当社が制作しMIXA(マイザ)ブランドで販売しているもので、「全国学校図書館協議会」による『選定コンピュータ・ソフトウエア』に選ばれています。

このCD-ROMは、年間通して京都で営まれる代表的な歳時を網羅し、全国的に有名な祭り「祇園祭」や「五山の送り火」のほかに、国の重要無形民俗文化財に指定されている「六斎念仏踊り」など、総数約320の有名な京都の歳事を収録しています。また、祭りの故事来歴や話題、街の様子などがナレーションを含め、動画とスライドでわかりやすく解説されており、旅行ガイドブックなどの印刷物では表現しきれない臨場感をマルチメディアならではの表現で楽しめます。さらに、資料や交通案内などをプリントアウトする機能もあり、旅行案内の資料作りにも役立ちます。なお、使用した映像は(株)KBS京都プロジェクトの豊富な放送用の取材ビデオの中から厳選したもので、普通の観光案内では扱っていないスポットも数多く収録されています。観光目的だけでなく、より深く京都を知る貴重な映像資料となります。


ページの先頭に戻る