グループニュース

ホーム > グループニュース > グループニュースアーカイブ:1997年 > ウェットステーションが年間ベスト商品に米国・半導体専門誌で選定

印刷

1997年2月21日

ウェットステーションが年間ベスト商品に
米国・半導体専門誌で選定

大日本スクリーンの半導体製造用ウェットステーション(洗浄装置)「WS-820C」が、米国の半導体関連専門誌「セミコンダクター・インターナショナル(=Semiconductor International)」の編集部が選ぶ1996年のベスト20製品のひとつとして、日本製品では唯一選ばれました。

Semi-Interws-820c

「セミコンダクター・インターナショナル」誌は、米国のみならず世界のエレクトロニクス業界で権威のある半導体関連専門誌のひとつです。同誌の編集部では毎年、その年の「キーテクノロジー」を決め、ユーザーサイドの評価を反映させて、この分野に該当する各社の製品から20機種をベスト・プロダクツに選定しています。昨年のキーテクノロジーは、ウェーハ処理、フォトリソグラフィー、検査・測定、組立・パッケージの4つの技術分野で、ウェットステーション「WS-820C」もその対象となりました。 ベスト20製品のひとつに選ばれた「WS-820C」は、各処理部がコンパクトにまとめられ、目的に合った処理ラインを自由に構成できるなど、安定した処理品質と優れた生産性を兼ね備えた8インチウェーハに対応する洗浄システムです。米国の多くの半導体メーカーに導入されており、高い評価を得ています。


ページの先頭に戻る