グループニュース

ホーム > グループニュース > グループニュースアーカイブ:1997年 > CREO社製の新機種投入ダイレクト刷版出力装置の販売強化

印刷

1997年4月30日

CREO社製の新機種投入
ダイレクト刷版出力装置の販売強化

大日本スクリーン製造株式会社(本社:京都市上京区/社長:石田 明)は、カナダのクレオ・プロダクツ社(=Creo Products Inc./本社:ブリティッシュコロンビア州バーナビー/会長:アモス・マイケルソン氏)からOEM供給を受け、デジタルプレートレコーダー(ダイレクト刷版出力装置)「プレートライト」シリーズに3機種を追加、ユーザー用途に応じた商品構成を充実させることで同装置の販売の強化を図ります。追加投入される3機種は6月1日から受注を開始します。

カラー印刷のデザインから製版用データの作成までのプリプレス(印刷前)工程では、プリプレス用統合システムやDTP(デスクトップ・パブリッシング)システムを用いたデジタルデータ処理が普及しています。これに伴い、中間媒体となる製版フィルムを介さず作成したデジタルデータを直接レーザー描画し刷版を作成するCTP(コンピューター・トゥ・プレート)技術が注目を集めています。大日本スクリーンは、4000dpi(dot/inch)と世界最高の分解能を誇るデジタルプレートレコーダー「プレートライト1080」を独自開発し1995年春から販売を開始しました。また同年4月には、ダイレクト刷版出力装置では世界シェアの50%以上を占めるクレオ社から、高速出力・大量処理向けの「プレートセッター3244F」の国内独占販売権を取得しOEM供給を受け、「プレートライト3244F」として販売しています。さらに「プレートライト1080」は、国内外の印刷機材ベンダーにOEM供給し各社のブランドで販売されています。「プレートライト1080」については国内で約20台、海外で約50台(OEM供与分含む)、「プレートライト3244F」については国内で2台の納入実績があります。

このたび、クレオ社からOEM供給を受け商品ラインアップに加えるのは、「プレートライト3244T」、「プレートライト3244MT」、「プレートライト4555MT」の3機種です。

プレートライト3244Tは、すでに販売している「プレートライト3244F」と同型式の機種でサーマルタイプのプレート(版材)に対応したタイプです。Fタイプでは銀塩乳剤およびフォトポリマータイプのプレート用に532nm(ナノメートル)のYAGレーザーを使っていますが、Tタイプには830nm(ナノメートル)の赤外線レーザー採用のサーマル・イメージング・ヘッドを搭載しています。Fタイプと同様、刷版の挿入から露光・現像までを全自動処理でき、出力できる刷版のサイズは最大813×1118mm(32×44インチ)で菊半裁判から菊全判まで任意サイズに対応し、分解能は最高2400dpi、菊全判1版を3分で高速露光します。

プレートライト3244MTは、刷版を1枚ずつ装置に挿入し露光するマニュアルタイプで、サーマルタイププレートに対応しています。最大813×1118mm(32×44インチ)から最小394×559mm(15.5×22インチ)まで任意サイズの刷版の出力ができます。

プレートライト4555MTは、「3244MT」同様、マニュアル操作でサーマルタイププレートに対応しています。対応サイズは最大1143×1397mm(45×55インチ)から最小394×488mm(15.5×19.2インチ)までで、大サイズ刷版の出力が可能です。

サーマルタイプのプレートは赤外線レーザーを用いたサーマルモードで画像形成が行われ、商業印刷分野で求められる高い解像力、耐刷性、潜像安定性を有しているとともに明室での扱いができるなどの特長があり注目される版材です。米国市場に導入されているクレオ社製のダイレクト刷版出力装置のうち半数以上がこのプレートを採用しています。日本国内では日本コダック株式会社が、サーマルタイプのプレート「コダック ダイレクト イメージ サーマル プリンティング プレート」およびその専用処理薬品、処理機器を6月1日から受注を開始します。

欧米の印刷産業では、A1以上の大サイズ刷版に対応するダイレクト刷版出力装置がすでに500台近く稼働していると言われ、本格的な普及期に入っています。しかし日本国内では、まだ約20台が稼働しているのみで本年から設備導入が増え普及し始めると見込まれています。

当社へのダイレクト刷版出力装置の引き合いも活発で、上半期中に「プレートライト1080」、「プレートライト3244F」など合わせて約50台の納入を予定しています。今回、3機種を追加投入することで自社製品を含め5機種になり対応サイズや処理能力による選択の幅が広がることから、顧客である印刷会社・製版会社に対して積極的に販売展開し受注台数をさらに増加させたいと考えています。

<各機種の主な仕様>

●プレートライト3244T
プレートライト3244T

      刷版タイプ: サーマルタイプ

 

      刷版サイズ: 最大813×1118mm(32×44インチ)、最小432×559mm(17×22インチ)

 

      露光サイズ: 最大787×1117mm

 

      露光ヘッド: サーマル・イメージング・ヘッド

 

      分解能: 1200、1600、2400dpi

 

      露光速度: 3分/版(787×1118mm出力時)

 

      外形寸法: 2413×2032×2413mm(幅×奥行×高さ)(本体のみ)

 

      質量: 1089kg(本体のみ)

 

●プレートライト3244MT
プレートライト3244MT

      刷版タイプ: サーマルタイプ

 

      刷版サイズ: 最大813×1118mm(32×44インチ)、最小394×559mm(15.5×22インチ)

 

      露光サイズ: 最大787×1117mm

 

      露光ヘッド: サーマル・イメージング・ヘッド

 

      分解能: 800、1200、2400dpi

 

      露光速度: 3分/版(787×1118mm出力時)

 

      外形寸法: 2743×1092×1523mm(幅×奥行×高さ)(本体のみ)

 

      質量: 544kg(本体のみ)

 

●プレートライト4555MT
プレートライト4555MT

      刷版タイプ: サーマルタイプ

 

      刷版サイズ: 最大1143×1397mm(44×55インチ)、最小394×488mm(15.5×19.2インチ)

 

      露光サイズ: 最大1117×1097mm

 

      露光ヘッド: サーマル・イメージング・ヘッド

 

      分解能: 800、1200、2400dpi

 

      露光速度: 5.9分/版(787×1118mm出力時)

 

      外形寸法: 3180×1800×1830mm(幅×奥行×高さ)(本体のみ)

 

      質量: 1134kg(本体のみ)

 

<国内標準販売価格>

      ●プレートライト3244T: 6,400万円(本体のみ、消費税別)

 

      ●プレートライト3244MT: 4,950万円(本体のみ、消費税別)

 

      ●プレートライト4555MT: 6,900万円(本体のみ、消費税別)

ページの先頭に戻る