グループニュース

ホーム > グループニュース > グループニュースアーカイブ:1997年 > Windows95対応の本格的生産システムチラシ・端物制作システム「AVANAS」を発売

印刷

1997年5月7日

Windows95対応の本格的生産システム
チラシ・端物制作システム「AVANAS」を発売

大日本スクリーン製造株式会社(本社:京都市上京区/社長:石田 明)は、印刷・製版業界向けのフロントエンド用生産システムとして、マイクロソフト社製OSであるWindows95に対応したチラシ・端物制作システム「AVANAS(アバナス)」を開発、1997年6月1日から販売を開始します。

AVANAS

カラー印刷物の企画・デザイン・製版作業までのプリプレス(印刷前)工程では、パーソナルコンピューターに各種アプリケーションソフトウエアを搭載したDTP(デスクトップ・パブリッシング)システムが普及しています。従来、フロントエンド(上流工程)である企画・デザイン作業ではMacintosh(マッキントッシュ)を使うことがほとんどで、Macintoshでチラシなどを制作する場合は、ページ編集ソフトウエアやフォトレタッチ(画像処理)ソフトウエア、グラフィックソフトウエアなど市販されている代表的な汎用アプリケーションソフトウエアとプラグインやエクステンション(機能拡張ソフトウエア)を複数組み合わせた面倒な作業が必要です。こうした中で、パーソナルコンピューター市場では圧倒的なシェアを占め、演算速度の速さ・システムの安定性・並列処理機能などの特長を持つWindows95環境で運用できるフロントエンド向けの生産システムが求められていました。

チラシ・端物制作システム「AVANAS」は、Windows95環境で稼働する本格的な生産システムです。個人向けや一般企業内で使われている既存のWindows95対応DTPソフトウエアとは異なり、印刷・製版会社向けに高機能・高生産性を実現しました。印刷・製版会社向けの製品でWindows95環境で稼働する生産システムは、日本市場では数種しか存在せず、当社としても本格的な製品として販売するのは初めてのものです。

チラシ・端物制作システム「AVANAS」は、高速CPU、大容量メモリーを搭載するなど特別仕様モデルの高機能パソコンと、チラシ作成ソフトウエア「AVANAS Leaf(アバナス リーフ)」および切り抜きマスク作成ソフトウエア「AVANAS Mask(アバナス マスク)」で構成されるシステムインテグレート製品です。

AVANAS Leafは、高度な日本語組版機能だけではなく、チラシ作成には欠かせない図形作成機能、特色処理機能、製版処理機能を合わせ持つとともに、アウトラインフォントであるTrueTypeフォントに対応しており高解像度出力が可能です。さらにOLE(Object Linking and Embedding)機能でMicrosoft Word やMicrosoft Excelなど他のアプリケーションソフトウエアで作成したデータを取り込むことができ、チラシでよく使われる価格表や商品一覧の作成・変更に便利です。

AVANAS Maskは、チラシ・端物で数多く使用する切り抜き画像を作成するための専用ソフトウエア。Windows95環境に対応した初の本格的な切り抜きマスク作成ソフトウエアです。「AVANAS Leaf」と連携することで、チラシ・端物の作成作業をより効率的に行います。また豊富な画像ファイルフォーマットに対応していますので、Windows95環境で作成した図形や画像などのデータはもちろん、Macintosh環境で作成したデータも活用することができます。

チラシ・端物制作システム「AVANAS」は、作成するデータの生産量や作業形態に応じて複数の出力環境を選択することができます。ネットワーク化された作業環境で大量の製版処理が必要な場合はプリプレス用統合システム「RENATUS(レナトス)」と、ネットワーク化された環境で編集と出力作業を分業して行う場合はファイル/プリントサーバー「GetThePicture(ゲット・ザ・ピクチャー)」シリーズと、作成したデータを直接出力する場合はソフトウエアRIP「FlashRIP(フラッシュRIP)」シリーズと接続し、イメージセッターから製版フィルムを出力できます。

大日本スクリーンは、UNIXワークステーション(Sun SPARCstation)をプラットホームに採用することで製版処理の生産性を大幅に向上したプリプレス用統合システム「RENATUS」のほか、MacOS環境に対応したシステムやソフトウエアを販売していますが、これらに加えWindows95環境で稼働する「AVANAS」の投入で、ユーザーの業務形態や事業内容に応じて選択肢が増えることになります。今後も大日本スクリーンは、それぞれ標準プラットホームの特長を生かしたシステムやソフトウエアを供給しユーザーの要望にこたえていきたいと考えています。

<各ソフトの特長>

●チラシ作成用ソフトウエア「AVANAS Leaf(アバナス リーフ)」

1. 高度な組版機能と高い作業効率を実現

    「IP(イメージプロセッシング)」シリーズやRENATUS用チラシ組版ソフト「TextSetter(テキストセッター)」で培った技術をベースに、チラシ特有の値組や定型パターンの繰り返しなどの高度な組版機能を操作性のよいGUI(グラフィカル・ユーザー・インターフェイス)で提供します。専用の生産システムですので、市販されている汎用のページ編集ソフトウエアやグラフィックソフトウエアを組み合わせて運営する従来の作業より、格段に効率よく作業できます。

2. チラシ・端物作成に不可欠の豊富な機能を搭載

    分版出力などの製版機能はもちろん、チラシ・端物作成に必要な豊富な図形作成機能を搭載しています。図形作成機能では、矩形、長円、ひし形などの一般的な図形のほか、バクダン、ノコギリ、曲がり長円など、チラシならではの特殊な図形も簡単に作成できます。また、特色やグラデーション、白フチなどの指定もできます。

3. 多様な画像ファイル形式に対応し、絵柄貼り込みも簡単

    TIFF、1bit TIFF、Gray TIFF、CMYK TIFF、RGB TIFF、EPSなど標準的な画像ファイルを取り込むことができます。また添付された画像ブラウザーソフトを使えば、一覧表示される画像をドラッグ&ドロップするだけで、簡単に画像を貼り込むことができます。

4. TrueTypeフォントに対応し高解像度出力が可能

    TrueTypeフォントを使用した本格的なチラシ・端物組版ソフトウエアですので、高解像度出力が可能です。大日本スクリーン製の「ヒラギノ明朝体」など「千都フォントライブラリー(TrueTypeフォント版)」を9書体、TrueTypeフォントでは初の重ね書体を含む数字書体を6書体バンドルしています。もちろん、市販されている他のTrueTypeフォントも使用できます。

5. OLE機能で他のソフトと連携

    OLE機能を搭載しておりMicrosoft WordやMicrosoft Excel、Microsoft Access、FileMaker Pro(Windows版)など市販のアプリケーションソフトウエアで作成したデータを簡単に取り込みデータを共有できます。この機能を使うことで、元データを変更すれば自動的に作成中のチラシ上のデータを更新でき、価格表や商品一覧など値組組版の作成作業が効率よくできます。

●切り抜きマスク作成ソフトウエア「AVANAS Mask(アバナス マスク)」

1. ストレスのない表示速度と生産性

    速やかな表示速度と高い生産性を実現しており、ストレスなく画像の切り抜き作業ができます。AVANAS Leafとの連携によりチラシ・端物を効率的に作成できます。

2. 多様な画像ファイル形式をサポート

    多様な標準的な画像ファイルフォーマットをサポートしており、Macintosh環境など他のプラットホーム環境で作成したファイルを利用できます。入力フォーマットはTIFF、EPS、DCS、OMEGA-CT、また 出力フォーマットはEPS、DCS、RENATUS用切り抜きファイルに対応しています。 また、PCプレビュー付きEPS、DCS出力もサポートしています。

<国内標準販売価格>

      AVANAS Leaf(ハードウエア込み): 495万円(消費税別)

 

      AVANAS Mask(ハードウエア込み): 395万円(消費税別)

 

※ハードウエア台数・ソフトウエア本数など要望によりフレキシブルなシステム構成が可能です。

<発売日>

    1997年6月1日

<販売予定数>

      AVANAS Leaf: 500セット/年(初年度)

 

      AVANAS Mask: 250セット/年(初年度)

ページの先頭に戻る