グループニュース

1997年6月27日

レーザープロッター2機種を発売

大日本スクリーンは、プリント配線板のマスターパターン(原板)フィルムを作成する、レーザープロッター「RGシリーズ」の新製品2機種の販売を6月から開始しました。

RG-4500

RG-6500

発売したのは、高品質・高密度パターン露光に最適のレーザープロッター「ラスターグラフRG-6500」と、ローコストタイプながら高生産性を誇る「ラスターグラフRG-4500」の2機種。

「ラスターグラフRG-6500」は、4ミクロンと10ミクロンを選択できる小径ビームと独自のアルゴリズムによる高い描画精度を持つとともに、業界標準のグラフィカル・ユーザー・インターフェースを採用しましたので熟練したオペレーターでなくても簡単な操作で高品質・高密度なマスターパターンフィルムを作成できます。また、作業メニューを登録すれば無人運転も可能です。

「ラスターグラフRF-4500」は、ビーム径が6.35ミクロンまたは12.7ミクロンの2種が選択可能で、実用上の精度を保持しながら装置の低価格化を実現したローコストタイプのレーザープロッター。内面円筒型ドラムと耐久性に優れたレーザーダイオード光源による記録方式を採用するとともに、ウィンドウズNT対応のワークステーションでデータ処理速度が2倍以上になるなど、総合的に生産性を高めました。プリント配線板製造メーカーの追加設備やセカンド機としての導入はもちろんのこと、プリント配線板の設計専業メーカーや試作専業メーカーなどの新規設備としての導入にも適した機種です。

<国内標準販売価格・消費税別>

    RG-6500 : 5,700万円
    RG-4500 : 2,500万円

ページの先頭に戻る