グループニュース

ホーム > グループニュース > グループニュースアーカイブ:1997年 > 平面入力では世界初のA0サイズ対応大型カラーコピーシステム「AZERO(アゼロ)」を発売

印刷

1997年7月10日

平面入力では世界初のA0サイズ対応
大型カラーコピーシステム「AZERO(アゼロ)」を発売

大日本スクリーン製造株式会社(本社:京都市上京区/社長:石田 明)は、平面タイプの入力装置を備えたものとしては世界で初めてのA0入出力対応大型カラーコピーシステム「AZERO(アゼロ)」を発売します。特約代理店を通じて1997年7月から受注、コピーショップ(複写業者)や出力サービスビューロー向けに10月中旬から出荷を開始します。

AZERO

建築設計業、デザイン業などの各産業分野では、着色地図・設計図面・カラーパース・配線回路図・電気制御図・デザイン画・ポスター・看板などを原稿として大サイズのカラーコピーを出力する用途がますます増えています。企業内に大型のコピーシステムを保有し作業をしているケースもありますが、そのほとんどはコピーショップ(複写業者)や出力サービスビューローなど専門の店舗に持ち込まれて行われています。シート状(1枚もの)の原稿に限定されず書籍など厚みのあるものにも対応できる平面読み取り方式のものについては、現状では、原稿読み取り部分の焦点精度や位置精度の確保の難しさから最大A1サイズものしか市場には存在せず、長年、A0サイズ入出力に対応できるカラーコピーシステムが求められてきました。

大日本スクリーンがこの要望にこたえて開発したのが、A0サイズ対応カラーコピーシステム「AZERO」です。大型カラーコピーシステム「AZERO」では、印刷・製版用フラットベッドスキャナなどの製造で培った技術を生かし世界で初めてA0サイズ原稿の平面読み取りに耐え得る焦点精度や位置精度を実現するとともに、出力部にワイドインクジェットヘッド搭載の高速プリンターを採用することで高品質・高速出力を、AI(人工知能)セットアップ機能などで操作の簡易性も併せて実現しています。

原稿読み取り部には、世界初のA0ワイドサイズ平面スキャナを採用していますので、従来のシート状の原稿を読み取るシートフィード方式やドラム回転方式ではできなかった、パースパネルや設計図面バインダー、生地見本などの厚みのある原稿や立体物も読み取ることができます。CCD(電荷結合素子)を使った光学系移動方式を採用し、360dpiの分解能で最大912mm×1220mm(36インチ×48インチ)までの原稿を読み取ることができます。

出力はピエゾインクジェット方式で、A0サイズのフルカラー出力を通常コピー時で6分40秒、連続出力時で4分、またA1サイズでは通常コピー時で3分50秒、連続出力時で2分の超高速で出力できます(すべて360dpi、高速モード使用時)。出力解像度は360dpiと720dpiの2種類があり、それぞれ高速モード・高品質モードの設定が可能で必要に応じた品質が選べます。拡大縮小倍率は10%から1,200%で拡大連写機能を使えば最大10m×14mの大サイズ出力が可能です。 A0ワイド・A0・A1・A3の各ロール紙を3本またはA0ワイド・A0ロール紙を2本セットでき、用紙ロールを入れ替えることなしに出力

サイズに対応して自動的に給紙できますので大量処理には最適です。油性顔料インクを採用することで、従来の水性染料系インクの弱点であった退色の問題をクリアするとともに、用紙もコート紙・光沢紙・バックライトフィルムがありますので、通常のコピーだけではなくディスプレーやPOP(店頭)広告・案内看板など幅広い用途に利用できます(ただし光沢紙およびバックライトフィルムについては順次対応を予定)。

操作は、原稿をプリスキャン後、表示画像でコピーエリアを選択し、メニュー画面でコピー枚数、拡大倍率、用紙サイズを設定しスタートボタンをクリックすれば、あとは出力を待つだけ。簡単な操作で作業は完了します。印刷製版用スキャナで培った当社独自のカラーコントロール技術をフルに活用したAIセットアップやカラーコレクション、シャープネス調整、デフォーカスなど豊富な機能を搭載していますので、簡単な操作で要望に応じた仕上がりが得られます。

さらに出力部に大容量メモリーを搭載していますので、リピートコピーを行いながら次の原稿を読み取るという並行作業が可能で、高速出力と合わせて効率的なコピー作業ができます。

<主な仕様>

      型式: CC-F1000

 

      システム構成:A0ワイドサイズフラットベッドスキャナ

 

             A0ワイドサイズインクジェットプリンター

 

             コントローラー(Macintosh)

 

      画像入力方式: 原稿固定方式(CCD受光素子移動)

 

      印字方式: ピエゾインクジェット方式

 

      原稿種類: シート、ブック、立体物(最大2kg)

 

      原稿サイズ: 最大915mm×1220mm

 

      入力サイズ: 最大912mm×1220mm

 

      スキャナ解像度: 360dpi(主走査360dpi, 副走査360dpi/720dpi)

 

      インク:C,M,Y,K 油性顔料インク タンク容量:各色250cc,1000cc

 

      用紙種:コート紙、対応予定;光沢紙、バックライトフィルム

 

      用紙サイズ:A0ワイド 914mm幅×100m

 

            A0幅 841mm幅×100m

 

            A1幅 594mm幅×100m

 

            A3幅 297mm幅×100m

 

      印字サイズ:最大912mm×14,640mm

 

      余白: 上下左右1mm

 

      出力解像度:360dpi/720dpi

 

      出力モード:高速モード、高品質モード

 

      複写倍率設定:等倍、定形変倍、独立変倍

 

      複写倍率範囲:10%~1200%(0.1%きざみ)

 

      コピータイム:A0:通常コピー出力時6分40秒(360dpi高速モード)、連続出力時4分(360dpi高速モード)

 

             A1:通常コピー出力時3分50秒(360dpi高速モード)、連続出力時2分(360dpi高速モード)

 

      セットアップ: A1セット/マニュアルセット

 

      ウエイトタイム:5分(室温20℃)

 

      複写可能枚数:1~99枚

 

      用紙供給方法:ロール紙;A0ワイドまたはA0 2本

 

             ロール紙;A0ワイドまたはA0・A1・A3 各1本 計3本

 

      給紙:自動給紙

 

      機械寸法(mm):スキャナ:1600(W)×1255(D)×922(H)

 

               プリンター:1430(W)×650(D)×1130(H)

 

      質量:スキャナ:365kg、プリンター:130kg(インク,用紙除く)

 

      最大消費電力: 600VA(Macintosh除く)

 

      電源: 100V(50/60Hz共用)

 

      その他機能:リピート機能

 

            拡大連写;10m×14m(A0ワイド144枚相当)

 

            デフォーカス機能

 

            バッチ処理機能(最大9点)

 

            用紙(ロール)の自動選択

 

<国内標準販売価格>

      1,498万円(消費税別)

ページの先頭に戻る