グループニュース

ホーム > グループニュース > グループニュースアーカイブ:1997年 > DTP向けパワーマッキントッシュ・パッケージ「MI-X9600」シリーズの発売

印刷

1997年9月26日

DTP向けパワーマッキントッシュ・パッケージ
「MI-X9600」シリーズの発売

大日本スクリーン製造株式会社(本社:京都市上京区/社長:石田明)はアップルコンピューター社の日本国内における一次販売代理店のキヤノン販売株式会社(本社:東京都港区三田/社長:武本秀治氏)、ハードディスクを始めとする周辺機器メーカーのエムアイシー・アソシエーツ株式会社(本社:東京都中央区日本橋/社長:藤井道雄氏)とコンピューターソフトウエア販売会社のシーアールシーシステム株式会社(本社:東京都中央区日本橋/社長:中野二三夫氏)の協力を得て、アップルコンピューター社が供給する最新鋭PowerMacintosh9600/300VARモデルをベースに、印刷・出版業界向けのパッケージ「MI-X」シリーズを刷新した「MI-X9600/300」シリーズを1997年10月から販売します。

MI-X9600

 なお、本パッケージは、1997年10月6日~10日の間、東京・有明の東京ビッグサイトで開催される国際グラフィックアーツ総合機材展「IGAS'97」に出品します。

 印刷関連業界をはじめ一般企業の広告宣伝部門において、Power Macintosh(パワーマッキントッシュ、以降PMと略す)やMacintosh(マッキントッシュ)に各種アプリケーションソフトウエアを搭載したDTP(デスクトップ・パブリッシング)システムが急速に普及しています。しかし、CPU、周辺機器、アップグレード部品、ソフトウエアなどの機能向上や多様化によって、ユーザー自らが機種や周辺機器などを選択したり、専用機能を追加したりすることが難しくなってきています。

 当社はこのようなユーザーの煩わしいシステムの構築をより簡単に解決するために、1995年7月、印刷・出版業界向けに必要なシステム構成をパッケージ化した「MI-P (= Macintosh Integration Package)」シリーズの販売に本格的に乗り出しました。以降、同シリーズの販売は順調に伸び、昨年度の販売実績は1400台に達し、同業界向けのMacintoshを取り扱うアップルコンピュター社の正規認定店の中でもトップクラスになりました。 

 このたび発売する「MI-X9600/300」シリーズは、アップルコンピュター社が画像処理や音声処理、マルチメディアコンテンツ制作などに大容量データを多用するプロフェッショナル向けに1997年9月に発売したPM9600/300VARモデル(300Mhz)をキヤノン販売(株)から供給を受け、プリプレス用途において「生産財としてのMacとは?」をコンセプトに、当社で専用のハードディスクとUltraSCSIボードなどを搭載した5モデル(B、C、D、F、N)のパッケージ商品です。

 長年にわたって「MI-P、MI-X」シリーズを商品開発、インテグレーション、販売してきたノウハウをベースに、当社は各々の業界のニーズにマッチした「MI-X9600/300」シリーズのいろいろなモデルを展開し、新規代理店を募るなど販売チャンネルの開拓を目指します。

<「MI-X9600/300」シリーズの主な特長>

1. 市販機種PM9600/350(350Mhz)を超える性能

10,000rpmの高速内蔵ディスクやUltraSCSIボードなどを採用した結果、
○FlashRip AD-310M:PM9600/350と同等の速度を実現
○Adobe PhotoShop:回転/変倍で1.4倍、フィルタ処理はほぼ同等
○ファイルコピー:大容量の画像ファイルのコピーでは1.7倍など、PM9600/350と比べ て、同等から約70%性能が向上しました(当社のベンチマークテストによる)。

2. 製品保証を3年間に延長

キヤノン販売(株)との業務提携をベースに、故障修理に関わる保証をさらに充実します。
○「MI-X9600/300」シリーズのCPU本体に対して、お買い上げ後3年間のオンサイト無償修理が提供されます。
○ユーザーは保守契約などの煩わしい手続きや書類の管理なしに、CPU本体に明示される期間、同保証を受けられます。

3.「緊急ボリューム」機能

作業中に不測の事態により「MI-X9600/300」がハング(システム停止)した場合、エムアイシーアソシエーツ(株)と当社が共同開発した「緊急ボリューム」機能を用いてシステムを再度立ち上げることで、外字/フォント環境の再構築なしに正常状態に戻すことができます。この機能により、ユーザーは安心して中断したオペレーションを再開できます。

4. ファイル管理の充実、ネットワーク対応にCumulus J3.0特別版をバンドル

メディアデータベースとして定評のある画像データベースソフト「Cumulus(キュームラス)Network J3.0」の特別仕様版をバンドルし、当社が開発したユーティリティとの連動により、ユーザーの日常の仕事におけるファイルや保存メディア管理がより容易になります。
「Cumulus(キュームラス)Network J3.0」は、独・カントソフトウェア社(Canto Software AG)製で、バンドルされた特別仕様版は同社日本総代理店のシーアールシーシステム(株)の協力で、カントソフトウェア社が「MI-X」用に開発したものです。ネットワークで複数台の「MI-X」を接続すると、クライアント/サーバー環境に発展させた共有データベースを構築することができます。

5. 「RENATUS」や「AVANAS」を含めたスニーカネット対応

「MI-X9600/300」B、C、Fモデルに標準搭載したスニーカーディスク(リムーバブルHDD)は、「RENATUS」や「AVANAS」に外付けスニーカディスクを増設することで、オフラインで画像データの授受が行えます。

<国内標準販売価格>

●MI-X9600/300 Bモデル \1,650,000(標準仕様、消費税別)
(DTP編集用)
●MI-X9600/300 Cモデル \1,990,000(標準仕様、消費税別)
(レタッチ・編集用) 
●MI-X9600/300 Dモデル \1,240,000(標準仕様、消費税別)
(ソフトウエア「FlashRIP AD-310M」用)
●MI-X9600/300 Fモデル \2,090,000(標準仕様、消費税別)
(レタッチ・編集用:カラーキャリブレーション対応)
●MI-X9600/300 Nモデル \1,140,000(標準仕様、消費税別)
(ユーザーカスタマイズ用)

<発 売 日> 1997年10月1日

<販売予定数> 全モデル合計 1,400セット/年

<問い合わせ先>

グラフィックアーツ事業本部 
○ソリューション部 MI-X担当: TEL:075-417-2567
○商品部 MI-X担当: TEL:075-352-7835
※ Apple、 Macintosh(マッキントッシュ)、Power Macintosh(パワーマッキントシュ) は、Apple Computer社の登録商標です。
※ Cumulusは、Canto Software AGの登録商標です。
※ 記載された社名および製品名は、各社の商標または登録商標です。

ページの先頭に戻る