グループニュース

ホーム > グループニュース > グループニュースアーカイブ:1997年 > エンターテインメントCD-ROM"でじたる絵本"「STATION-四季の里を訪ねて」を発売

印刷

1997年10月22日

エンターテインメントCD-ROM"でじたる絵本"
「STATION-四季の里を訪ねて」を発売

大日本スクリーン製造株式会社(本社:京都市上京区/社長:石田 明)はエンターテインメント系マルチメディアCD-ROMソフト“でじたる絵本”「STATION-四季の里を訪ねて」を1997年10月22日に発売します。

当社は、マルチメディア関連商品として、MIXA(マイザ)レーベルの高画質の写真データを収録したCD-ROM素材集「MIXAイメージ・ライブラリー」や「MIXA PRO」を1994年から販売し、広告デザイン会社、印刷製版会社、出版社、マルチメディアソフト制作会社などから好評を得ています。

このたび発売する「STATION-四季の里を訪ねて」は、当社初のエンターテインメントソフト「TALKING DRAGON~風雲の章~」の作者、井坂光雄氏(「電脳名人倶楽部」ABC系列グランプリ受賞作家)のこれまでの作品の集大成で、当社マルチメディア推進部と共同制作したデジタル絵本の作品です。

内容は、プレーヤーが旅人となって「四季の里」に出かけます。そこには4つの駅があり、4つの季節があります。季節を渡り歩くように電車で駅を移動しながら旅を楽しむインタラクティブムービーです。チビドラゴンがイタズラで持ち出した「我楽多日誌」が突然の風で吹き飛ばされ、「四季の里」に飛んでいってしまいます。プレーヤーがこれを探すという設定です。日誌を拾い集める旅の中で、「四季の里」のさまざまな住人達と会話を楽しんだり、いろいろな情報を得たりしながら、「TALKING DRAGON」が失恋のショックで身を隠していることなどを発見します。

最後に「TALKING DRAGON」に巡り会えるか? DRAGONを失恋のショックから立ち直らせて、また、あの調子の良いおしゃべりが聞けるのか?魅力あふれるさまざまなキャラクター達がプレーヤーの気持ちを和ませます。

<井坂光雄(いさか・みつお)氏のプロフィール>
  ・1956年生まれ、大阪府出身
  ・大阪デザイナー学院を経てグラフィックデザイナーとして印刷関係の会社に勤務、
   現在に至る。現在の仕事は、主に企業用のプレゼンテーションやCD-ROM制作。
  ・1994年8月「STATION-四季を旅する」で第2回マルチメディアチャレンジ
   にて審査員奨励賞を受賞。
  ・1995年9月「TALKING DRAGON 」で第3回マルチメディアチャレンジにて
   審査員奨励賞を連続受賞。
  ・1995年12月「TALKING DRAGON(改訂版)」でABC朝日放送系列番組
   「電脳名 人倶楽部」の電脳名人コンテストにて最優秀賞を受賞。
  ・1996年6月「The 紙芝居屋 」でABC朝日放送系列番組「電脳名人倶楽部」
   の電脳名人コンテストにて第2位を受賞。

<CD-ROM>
・Windows/Macintosh ハイブリッド版

<国内標準販売価格> ¥4,400(消費税別)

<発売予定日>    1997年10月22日

<販売予定数>    初年度5,000本
<必要なシステム>
・Windows
 OS:日本語Windows95(日本語Windows3.1対応)
 CPU:486DX2/66Mhz以上(Pentium推奨)
 RAM:8MB以上の空き領域
 モニター:VGA(640x480ピクセル)以上、
      256色以上のカラー表示ができるビデオ環境
 CD-ROMドライブ:2倍速以上を推奨
 サウンドカード:PCMサウンドが再生可能なもの

・Macintosh
 OS:漢字Talk7.1以上
 CPU:MC68040以上(PowerPC推奨)
 メモリー:8MB以上の空き領域
 モニター:13インチ以上、256色以上のカラー表示が可能なビデオ環境
 CD-ROMドライブ:2倍速以上を推奨

企画/制作:大日本スクリーン製造マルチメディア推進部

発売:大日本スクリーン製造マルチメディア推進部

問い合わせ先:
  大日本スクリーン製造マルチメディア推進部
   東京:〒170 東京都豊島区東池袋3-23-14ダイハツニッセイ池袋ビル2F
        Tel:03-3989-3676、Fax:03-5952-1803
   京都:〒602 京都市上京区堀川通り寺之内上る4丁目
        Tel:075-414-7203、Fax:075-414-7039


ページの先頭に戻る