グループニュース

ホーム > グループニュース > グループニュースアーカイブ:1998年 > 電子文書作成・管理システムを発売インターネット/イントラネット上のドキュメント類の検索・配信・管理に威力を発揮

印刷

1998年1月20日

電子文書作成・管理システムを発売
インターネット/イントラネット上のドキュメント類の検索・配信・管理に威力を発揮

大日本スクリーン製造株式会社(本社:京都市上京区/社長:石田明)は、紙文書の効率的な電子化が可能な電子文書作成システム、および電子文書を一元管理するデータベースシステムを1998年2月から発売します。

なお、これらのシステムは、1998年2月4日から6日まで東京池袋サンシャインシティで開催される印刷関連技術の展示会「Page98展」に出品します。さらに、東京渋谷にある当社「サイバープラザPROVISION(プロビジョン)」の開設2周年イベントにおいて、1998年2月9日から10日まで公開します。

この度発売するシステムは、紙文書を効率的かつ容易に電子化し、電子文書のバインディング(製本)・しおり付けを行う「MultiDoc(マルチドック)」シリーズ、および様々な形式のファイルを一元管理でき、インターネット配信も可能なデータベースシステム「Multi SV(マルチ サーブ)」です。

「MultiDoc(マルチドック)」シリーズには、紙文書を高速スキャナーで読み取り、自動的にPDF※ファイルに変換する電子文書化システム「MultiDoc System(マルチドック システム)」と、PDF化した電子文書がキーワードで検索できるPDFファイル検索DB-ROM※を製作するシステム「MultiDoc Studio(マルチドック スタジオ)」と、「MultiDoc System」と、「MultiDoc Studio」の両機能の統合システム「MultiDoc Pro(マルチドック プロ)」の3機種があります。

当社は、「デジタル・ドキュメント・ソリューション」として、同システムのハードウエア、ソフトウエア、システム導入のコンサルティング、ソフト指導、サポートなどを含めたパッケージを商品化し、一般企業・官公庁の文書管理部門やドキュメント制作会社、印刷関連会社、複写業者をターゲットに販売します。また、システムのパッケージ商品の販売だけではなく、パッケージをベースに顧客のニーズに併せてカスタマイズした、マルチメディア・ドキュメント対応の専用システムの開発も受託します。

なお、「MultiDoc(マルチドック)」シリーズは、ソフトウエアの開発元である株式会社プラネットコンピュータ(本社:静岡県三島市/社長:深澤秀通氏)およびグローバルデザイン株式会社(本社:静岡県静岡市/社長:白旗保則氏)からソフトウエアの供給を受け、当社がシステムとして商品化しました。3社はPDFの実用化に向け、今後も協力していきます。

※注: PDF(Portable Document Format)は、米国・アドビシステムズ社(=Adobe Systems Incorporated)が開発し一般に公開しているファイル形式。さまざまなファイル形式のドキュメントから作成されたPDFファイルは、OSに関係なく無償の閲覧ソフト「Adobe Acrobat Reader」で元の体裁のままで閲覧・出力できると同時にファイル容量も比較的小さく、インターネット/イントラネットを通じた配信やアーカイブ保存にも利用できるファイル形式として日本国内でも注目を集めている。

※注: DB-ROMはCD-ROMに記録されたPDFファイルから特定のページが検索できるCD-ROM。

<各システムの概要>
● PDF電子文書化システム「MultiDoc System」
「MultiDoc System」は、紙文書をスキャナーで読み込み自動的にPDFファイルに変換するシステム。
Windows95パソコン(Pentium MMX 233MHzクラス)とオートフィーダー付スキャナー、専用ソフトウエア「MultiDoc System」、「Adobe Acrobat 3.0J」で構成されています。
従来、紙文書をPDFファイルに変換する作業は、1枚1枚スキャナで読み込んだ後、パソコンで順次変換作業を行うため時間を要していましたが、このシステムはオートフィーダー付の高速スキャナーに紙文書をセットするだけで、自動的にPDFファイルに変換します。変換後、ページ毎に分かれているPDFを一体化させたり(自動電子製本)、各ページを階層化する(自動しおり付け機能)などの編集も可能。A4版の文書で、スキャナー入力から製本、しおり付けを、約10枚/分(入力のみで約15枚/分)と、コピー感覚で効率的に処理できます。さらに簡易リンク設定するためにプラグイン機能を持っていますので、専用アプリケーションのみで作業するよりも3~5倍の速さで作業ができます。
また、すでにTIFFファイル(1bit)化された画像データをPDFファイルにバッチ変換し、電子製本・しおり付けすることができますので、現在、マイクロフィルムや設計図面など別の方式で読み込まれたファイルについても、PDFに一元化して管理することができます。

● PDFファイル検索DB-ROM製作システム「MultiDoc Studio」
「MultiDoc Studio」は、PDF化した文書を、カテゴリ(分類)や文書名、キーワードで検索できる機能を持たせたPDFファイル検索DB-ROMを製作するためのシステム。Windows95パソコン(Pentium MMX 233MHzクラス)とCD-Rライター(オプション)、専用ソフトウエア「MultiDoc Studio」、「Adobe Acrobat 3.0J」で構成されています。
商品総合カタログやページ量の多いマニュアルなどのPDFファイルや、「MultiDoc System」で作成したPDFファイルをデータベース化するのに最適なシステムです。CD-Rライターもオプションで用意していますのでCD-ROMの作成も簡単にできます。完成したデータベースは3階層の分類項目とキーワードで検索し、必要なPDFファイルを検索することができます。また、CD-ROM上のPDFファイル内の特定のページを表示する機能やReader上のツールバーのレイアウトを自由に設定出来る機能も持っています。

●PDF電子文書化/ファイル検索DB-ROM製作統合システム「MultiDoc Pro」
「MultiDoc Pro」は、一台のパソコンに「MultiDoc System」と「MultiDoc Studio」の両方の機能を搭載した統合システム。Windows95パソコン(Pentium MMX 233MHzクラス)とオートフィーダー付スキャナー、CD-Rライター(オプション)、専用ソフトウエア「MultiDoc System」「MultiDoc Studio」、「Adobe Acrobat 3.0J」で構成されています。

●マルチメディア・ドキュメント配信型データベースシステム「Multi SV」
「Multi SV」は、PDFファイルはもちろん、テキストから静止画、映像、音声まで、さまざまな形式のファイルを一元管理するデータベースを構築するシステム。データベース構築のノウハウや経験を必要とせず簡単に利用できます。このシステムはSQLデータベースとWWWサーバーをベースに開発していますので、インターネット/イントラネットと連携させて配信することができます。データベースは条件検索や階層検索を行え、写真と文字による一覧表示と、写真でサムネールを表すビュア表示の2表示が可能です。
専用のクライアントソフトウエアは必要とせず、どのような機種のコンピューターやOSであっても、インターネットの標準ブラウザを搭載していればオンラインで閲覧・検索でき、導入時のコストやソフトウエアのバージョンアップの費用を抑えることができます。取り扱えるデータ形式は、PDF化された電子文書だけでなく、ワープロソフトで作成された文書(TEXT形式など)、静止画(JPEG、TIFF形式など)、動画映像(AVI、VDO形式など)、音声(MIDI形式など)、CAD(DWF形式など)などと幅が広く、まさにマルチメディア・ドキュメントデータベースシステムです。

<国内標準販売価格・消費税別>
●「Multi SV」550万円
●「MultiDoc System」350万円	(本体のみ)
●「MultiDoc Studio」420万円	(本体のみ)
●「MultiDoc Pro」680万円	(本体のみ)

<販売予定数>
4システム併せて、初年度 120セット/年

<発売日>
●「Multi SV」1998年2月
●「MultiDoc System」1997年12月	(発売中)
●「MultiDoc Studio」1998年2月
●「MultiDoc Pro」1998年2月

<会社概要>
●株式会社プラネットコンピュータ
本社所在地:静岡県三島市大社町5番4号
代 表 者:代表取締役社長 深澤秀通
資 本 金:1,400万円
設立年月日:1991年2月
主な業務内容
・Acrobatプラグインの開発
・PDF及びPSファイルの加工技術の開発
・パッケージソフトウエアの企画・設計・開発
URL:http://www.planetcomp.com/

●グローバルデザイン株式会社
本社所在地:静岡県静岡市黒金町12-5 丸伸ビル3階
代 表 者:代表取締役社長 白旗保則
資 本 金:1,000万円
設立年月日:1997年1月20日
主な業務内容
・広告企画・制作
・PDFサービスビューロー
・マルチメディアコンテンツの企画・制作
・マルチメディア関連のコンサルティング
URL:http://www.glode.com/

* 「マルチドック」、「マルチドック システム」、「マルチドック スタジオ」、「マルチドック プロ」は、株式会社プラネットコンピュータおよびグローバルデザイン株式会社が商標出願中です。

* Adobe、Adobeロゴ、Adobe Acrobatは、Adobe Systems Incorporated(アドビシステムズ社)の商標です。Apple、Macintosh、Power Macintoshおよび漢字Talkは米国およびその他の国で登録されているApple Computer, Inc.の商標です。Microsoft Windowsは米国Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標であり、WindowsNTは同社の商標です。


ページの先頭に戻る