会社概要

ホーム > 企業・グループ情報 > 経営理念・方針:SCREENグループのCSR

印刷

SCREENグループのCSR

SCREENグループにおけるCSRの考え方


 企業は、自社の経済的成長と同時に社会的な価値を生み出す存在でなければなりません。私たちは、企業理念である「未来共有」、「人間形成」、「技術追究」の実現を踏まえた企業活動こそが、当社の果たすべき社会的責任(CSR)だと考えています。未来をみつめ、ステークホルダーの皆さまの期待と信頼に応え、社会の持続可能な発展に貢献していきたいと考えています。

 

  CEO_COO.jpg
 

        代表取締役 取締役社長
        最高経営責任者(CEO)
        垣内 永次

 代表取締役

 専務取締役    

 南島 新

SCREENグループCSR憲章の制定

 

当社グループは「SCREENグループCSR憲章」を制定しています。これは企業理念に基づく行動原則を示し、SCREENグループの全役員・従業員が心がけるべき基準を「行動規範」として定めたものです。国内外のSCREENグループ内のCSR憲章の周知教育を通じて、実践に努めています。

 

 

 

グローバルな視点でCSRを推進

 

2016年10月、当社グループは「国連グローバル・コンパクト」に署名し、国際連合が提唱する人権、労働、環境、腐敗防止の4分野に関する10原則の支持を公式に表明しました。 グローバル企業としての影響力を認識し、社会の持続可能な発展に向けて活動してまいります。

 


ページの先頭に戻る