会社概要

ホーム > 企業・グループ情報 > SCREENグループの歴史:1868~1960年

印刷

1868~1960年

1868 写真:石田旭山印刷所京都で石田旭山印刷所(大日本スクリーンの前身)創業。
1918 「石版転写用透明膜凸版」の特許を取得(石田式フィルム版)。
1934 写真:写真製版用ガラススクリーン写真製版用ガラススクリーンの国産化に成功。
1943 写真:大日本スクリーン製造株式会社大日本スクリーン製造株式会社設立、社長に石田敬三就任。
1946 写真製版用機器の総合メーカーを目指す。
写真:製版カメラ1号機製版カメラ1号機(木製)を開発。
1947 二代目社長に石田徳次郎就任。
1950 東京出張所を開設、関東地方の販売促進とアフターサービスの増強を図る。
1953 創立10周年。
本社工場を建設、各種印刷製版機器の生産を開始。
1955 写真:「ターゲットメッシュ」微細な線を蝕刻するガラススクリーンの製造技術を応用してテレビの撮像管用の金属部品「ターゲットメッシュ」の生産に成功(NHK総合研究所から開発依頼)、エレクトロニクス分野への一歩を踏み出す。
1957 コンタクトスクリーンの量産に成功(国内初)。
1958 写真:欧米各国を訪問石田徳次郎社長、海外の製版技術および市場を視察するため欧米各国を訪問。

ページの先頭に戻る