会社概要

ホーム > 企業・グループ情報 > SCREENグループの歴史:1980~1999年

印刷

1980~1999年

1980
  • 「ビデオ製版システム」を凸版印刷(株)と共同開発。ビデオ画像信号をスキャナに入力、4色版フィルムを直接出力する。
1981 写真:「シグマグラフ2000」国産初の画像処理システム「シグマグラフ2000」を開発。その後、同システムを基盤に画像処理システムの開発を積極的に展開する。
Dainippon Screen (Nederland) B.V.を設立。
1983 香港に Dainippon Screen (Hong Kong) Ltd.を設立。
1984 米国・ロサンゼルスに印刷製版機器の技術サービス提供のため、Dainippon Screen Engineering of America Inc. を設立。
中国・北京に駐在員事務所を開設。
1985 英国・ロンドンに 印刷製版機器の技術サービス提供のため、Dainippon Screen Engineering of Europe Co., Ltd.を設立。
中国・上海に駐在員事務所を開設。
写真:洛西工場洛西工場を新設、半導体製造装置の生産力を強化。
1987 豪・シドニーに Dainippon Screen (Australia) Pty. Ltd. を設立。
1988 ソフトウエア開発会社 Island Graphics Corporationを買収。
大日本スクリーンの海外ネットワーク、4大陸20拠点以上に及ぶ。
1989 仏・パリに Dainippon Screen (France) S.A. を設立。
加・トロントに Dainippon Screen (Canada) Inc. を設立。
三代目社長に石田明が就任。
1990 台湾に Dainippon Screen (Taiwan)Co., Ltd. を設立。
「OMEGAネットワーク」構想を「DRUPA90」で披露。
液晶ディスプレー製造技術を推進。
1991 伊・ボローニャの印刷機器販売会社 Bancolini S.r.l. を買収。
ベルギー・ブリュッセルに欧州統括本部を設置。
1992 野洲工場を新設、半導体製造装置の生産力を強化。
写真:「ウェットステーション WS-820L」ウェハ汚染を解消する搬送システムを採用した新洗浄装置「ウェットステーション WS-820L」を開発。
写真:「ジェナスキャン1015」「ジェナスキャン1015」をはじめとするDTP関連機器を開発・リリース。
1993 写真:「レナトス」印刷製版用統合システム「レナトス」を開発。標準システム対応のオープン化コンセプトを採用。
グラビア電子彫刻システム「バルカス」を開発。
1994 米国で半導体製造装置事業を強化。テキサス州ダラスにオフィスを開設。
1995 写真:「プレートライト1080」当社初のダイレクト刷版出力機(CTP)「プレートライト1080」を開発。製版工程のフルデジタル化に貢献。製版用フィルムや現像液などが不要となり、環境にも配慮。
写真:「ジェナセット3100」 写真:「ジェナセット3075」
世界最高速のイメージセッター2機種を開発。
1996 国際品質規格「ISO9001」認証をはじめて取得。これを機に、全製造事業所に展開を開始。
写真:「スーパージェナスキャン8060」デジタルカラースキャナーの最上位機種「スーパージェナスキャン8060」を開発。
写真:「D-SPIN200」半導体製造装置スピンナー「D-SPIN200」を発表。搬送スピードを50%アップ、装置サイズを30%減、省ペースに対応。
1997 営業・管理部門を主体とする本社事業所が国際環境規格「ISO14001」の認証取得。
写真:「ジェナスキャン5000」DTPスキャナー「ジェナスキャン5000」を開発。
写真:「FC-821L」単槽型のウエットステーション「FC-821L」を発表。半導体製造に新しい生産プロセスを提唱。
1998 全製造事業所において国際品質規格「ISO9000」シリーズの認証取得。
写真:ウエットステーション「FC-3000」 写真:コーター/デベロッパー「SK-3000」
300ミリウエハー対応の半導体製造装置を発表。
写真:「TruePress544」国産初のデジタル印刷システム「TruePress544」を開発。
写真:「多賀事業所」「多賀事業所」が操業開始。微細化とウエハーの大口径化に対応した次世代の半導体製造装置の生産拠点を構築。
写真:「プレートライト8000」サーマル(熱)感材用の刷版出力機(CTP)「プレートライト8000」をリリース。
1999 スクリーン、TOWA、堀場で共同出資会社「株式会社サーク」を設立。電子機器の中古装置のリサイクル事業を展開。
東南アジア・シンガポールと台南に半導体製造装置のサポート拠点を強化。
スクリーン、富士フイルム、NTTコミュニケーションズが共同発表。印刷・出版・広告業界向け高速ネットワークで運用する通信アプリケーションの実用トライアルを開始。
写真:「TruePress742」 写真:「TruePressV-200」
菊半サイズ・2色のデジタル印刷システム「TruePress742」、世界最高速のモノクロデジタル印刷システム「TruePressV-200」を開発。
写真:「750」シリーズ業界最大サイズ(第4世代)のガラス基板に対応した液晶製造装置「750」シリーズを開発。

ページの先頭に戻る