会社概要

ホーム > 企業・グループ情報 > 経営理念・方針:トップメッセージ

印刷

トップメッセージ

信頼の技術でさらなる成長へ

 

 当社グループは、明治元年に京都で創業した銅版印刷業の石田旭山印刷所をルーツとしています。1934年、写真製版用ガラススクリーンの国産化に成功し、研究開発型企業としての一歩を踏み出しました。私たちの社名はこのガラススクリーンに由来しています。

 以来、常に時代のニーズに応えつつ、半導体やディスプレーをはじめとするエレクトロニクス業界、印刷業界など、最先端のソリューションで新たな分野を切り拓き、数々の世界トップシェア製品を有するグローバル企業として成長を続けています。また、長年にわたり培ってきた「表面処理」「直接描画」「画像処理」の3つのコア技術を基軸に、新規事業の創出に向けた技術の融合と応用展開に取り組んでいます。

 

 当社グループは、2014年の持株会社体制への移行、コーポレート・ガバナンスコードへの積極的な対応など、ステークホルダーの皆さまのご期待に応えるため、より透明性と健全性を高める施策を実行しています。
 2017年4月にスタートした中期3カ年経営計画「Challenge 2019」(2018年3月期~2020年3月期)を着実に推進させながら、さらなる企業価値向上を目指します。

 

 「未来共有」「人間形成」「技術追究」の企業理念のもと、お客さまや社会と共に持続的な成長を実現してまいります。

 
 

        代表取締役 取締役社長
        最高経営責任者(CEO)
        垣内 永次





















   代表取締役 
   専務取締役    

   南島 新






















ページの先頭に戻る