ホーム  > 製品一覧 > 光干渉式膜厚測定装置 VM-1200/1300シリーズ

印刷

光干渉式膜厚測定装置 VM-1200/1300シリーズ

光干渉式膜厚測定装置 VM-1200/1300シリーズ

特長

  1. 分光器にCCDイメージセンサを採用することで、可視光の全波長域に渡って同時に測定でき、膜厚を高速・高精度に測定できます。
  2. レシピウイザード機能を使用することにより、複雑なレシピ作成作業を簡単に行え、レシピの管理、登録数も大幅に向上しています。
  3. 測定データの3次元マッピング表示、膜厚値修正機能、ヒストグラム表示、統計計算などデータのきめ細かい2次加工が可能です。
  4. オートステージ、オートフォーカスにより、自動測定が可能です。
  5. 標準で25膜種の膜厚測定と分光反射率測定に対応。また、標準以外の各種測定プログラムを幅広く準備しています。
  6. 最大4層膜までの積層膜同時測定が可能です。
  7. 屈折率測定が可能です。
  8. LAN対応することにより、工場内のネットワークに簡単に接続できます。(オプション)

ページの先頭に戻る