ホーム > information > 印刷方式有機ELディスプレー量産を目指すJOLEDに出資

印刷

印刷方式有機ELディスプレー量産を目指すJOLEDに出資

2018年8月23日

Doc. No.: FT180823_009J


  株式会社SCREENファインテックソリューションズはこのほど、有機ELディスプレーを手掛ける株式会社JOLED(本社:東京都千代田区/代表取締役社長:石橋 義氏/以下、JOLED)に対して20億円を出資しました。


今回当社が出資したJOLEDは、有機ELディスプレーの量産開発加速および早期事業化を目的としてソニー株式会社、パナソニック株式会社が有する有機ELディスプレーの開発部門を統合し、201515日に発足した企業です。同社は、世界初となる印刷方式を用いた有機ELディスプレーの量産化実現に向け、注目を集めています。

当社は、世界トップシェアの液晶ディスプレー用コーターデベロッパーで長年培ったノウハウを基に、2017年11月より第6世代基板対応の有機ELバックプレーン製造工程用コーターデベロッパー「SK-E1500G」とタッチセンサーパネル製造工程用コーターデベロッパー「SK-E1500H」、有機ELディスプレーのフレキシブル化のニーズに対応するポリイミド※塗布装置「SK-P1500G」を販売するなど、有機ELディスプレーの製造に注力した製品開発・製造・販売を進めています。そしてこのたびの出資により、JOLEDが進める印刷方式有機ELディスプレーの量産に向けた印刷設備の開発・製造・販売・サービスの展開において協力していきます。


 当社は、同社に対する必要な資金の出資によって、より一層のシナジー効果を創出し、当社が推進する有機ELディスプレー分野の装置事業を加速させるとともに、同市場の成長に貢献していきます。


※ 高分子化合物の総称。非常に高い機械強度、優れた耐熱性、電気絶縁性を持ち、耐薬品性にも優れている。ポリイミドフィルムは、OA機器やカメラ用のフレキシブルプリント配線板、電線の層間絶縁材や半導体の保護膜などとして広く利用されている。


● 本件についてのお問い合わせ先

株式会社SCREENファインテックソリューションズ 事業推進統轄部 Tel: 075-414-7131 / nr-info@screen.co.jp

この記事のPDF(184KB)

 


掲載されている情報は発表時のものです。最新情報と異なる場合がありますのでご了承ください。


ページの先頭に戻る